【不便すぎ?】iPhoneからAndroidで後悔する?【実際に変えて分かったPixelやGalaxyで困ること】

本記事にはPRが含まれます

この記事は、iPhoneからAndroidに乗り換えた時に不便すぎて後悔したこと、PixelやGalaxyのデメリットや注意点をまとめて解説している記事です。

悩む人

iPhoneからGalaxyやpixelとかのAndroidに乗り換えようかと考えているんだけど、不便すぎてデメリットしかない!って評判を聞くと不安になるんだよね、実際どうなの?

と言う疑問に答えます。

日本国内ではAndroidよりiPhoneの方が圧倒的にシェアが高いですが、年々Androidを使う人が増えています。

しゅん

実際2022年から2024までのシェアの推移を見てみると、2023年以降Androidを使っている人が増えていることが分かります。

日本国内のiPhoneとAndroidのシェア推移
出典:https://gs.statcounter.com/os-market-share/mobile/japan/#monthly-202001-202405

近年の円安の影響でiPhoneの価格がどんどん値上がりしていますし、物価高の影響で本体価格の安いAndroidを利用する人が増えている可能性があります。

しゅん

しかし、今までiPhoneを使っていた人がAndroidに乗り換えると後悔しないのか?困ったこととな無いのか?不安に感じる人も多いと思います。

そこでこの記事では、iPhoneからAndroidに実際に変えた経験から乗り換えで後悔するデメリットや困ることにはどんなものがあるのか?を解説していきます。

iPhoneからAndroidに乗り換えを検討している方は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

そもそもiPhoneとAndroidは何が違うのか?

そもそもiPhoneとAndroidは何が違うのか?

まず最初に基礎知識としてiPhoneとAndroidの違いについて解説していきます。

しゅん

基本的にiPhoneとAndroidは同じスマートフォンなどで、大きな違いはありませんが、細かい部分で違いがあります。

iOSは、直感的な操作性と高い安全性、豊富なアプリが魅力な一方、Androidは自由度とカスタマイズ性、豊富な機種が魅力です。

\\iPhoneとAndroidの比較表//

項目iOSAndroid
操作性直感的な操作で
使いやすい
自由度が高く
カスタマイズできる
アプリ互換性が高く
安全性の高いアプリが多い
互換性が低く
マルウェアなどの
リスクがあるアプリもある
セキュリティ独自の審査基準で
厳しく管理されている
オープンなOSであるため
セキュリティリスクが高い
カスタマイズ性シンプルで
分かりやすい
自由度が高く
自分好みにカスタマイズできる
価格高価な機種が多い安価な機種も多い
メーカーApple様々なメーカー
しゅん

iPhoneかAndrodのどちらかをを選ぶためには、それぞれのメリット・デメリットを理解することが重要です。

順番に詳しく解説していきます。

iPhoneとAndroidの基本的なOSの違い

iPhoneとAndroidの基本的なOSの違い

まず最初にiPhoneとAndroidの基本的な違いから比較していきます。

しゅん

そもそもiOSとAndroidは、スマートフォンを動かす基本ソフトであるOS(オペレーションシステム)です。

iPhoneとAndroidはそれぞれ異なる特徴を持ち、メリット・デメリットがあります。

\\iPhoneとAndroidのOSの違い//

項目iOSAndroid
操作性直感的な操作で使いやすい自由度が高く、自分好みにカスタマイズできる
アプリ互換性が高く、安全性の高いアプリが多い互換性が低く、マルウェアなどのリスクがあるアプリもある
セキュリティ独自の審査基準で厳しく管理されているオープンなOSであるため、セキュリティリスクが高い
カスタマイズ性シンプルで分かりやすい自由度が高く、自分好みにカスタマイズできる
アップデートApple社による定期的なアップデートメーカーや機種によってアップデート頻度が異なる
しゅん

iOSはApple社が開発したOSで、iPhone専用に設計されており、以下の特徴があります。

\\iPhoneの特徴//

  • 直感的な操作性⇒シンプルで分かりやすいデザインと直感的な操作で、初心者でも使いやすい。
  • 高い安全性⇒独自の審査基準を設けたApp Storeを通じてアプリを配信するため、マルウェアなどのリスクが少ない。
  • 定期的なアップデート⇒Apple社による定期的なアップデートにより、常に最新機能やセキュリティ対策が提供される。

一方、Androidは、Google社が開発したOSで、様々なメーカーのスマートフォンに搭載されています。

しゅん

PixelやGalaxyだけでなく、国内メーカーのAndroidスマホにも多く採用されていて、下記の点が特徴です。

\\Androidの特徴//

  • 自由度の高さ⇒ホーム画面のカスタマイズやウィジェットなど、ユーザーが自由に設定できる項目が多い。
  • 豊富なアプリ⇒Google Playストア以外にも、様々なアプリストアからアプリをダウンロードできる。
  • 幅広い価格帯⇒1万円台から数十万円まで、様々な価格帯のAndroidスマホが発売されている。

直感的な操作性と高い安全性を求める人にはiOSがおすすめですが、自由度と豊富なアプリを求める人にはAndroidがおすすめです。

直感的な操作で使いやすいiOSvs自由度の高いAndroid

直感的な操作で使いやすいiOSvs自由度の高いAndroid

次に操作性についてiPhoneとAndroidの違いについて解説していきます。

しゅん

iOSはシンプルなデザインと直感的な操作で、初心者でも使いやすいのが特徴です。

具体的には、アイコンをタップしたり画面をスワイプしたりするだけで、主要な操作を行うことができます。

\\iPhoneの特徴//

  • アイコンをタップしたり、スワイプしたりする直感的な操作で使いやすい
  • アプリの起動や設定変更がスムーズ
  • 迷うことなく操作できる
しゅん

一方Androidは、自由度が高く自分好みにカスタマイズできるのが特徴です。

ホーム画面のレイアウトを変更したり、ウィジェットを追加したり、様々な操作をカスタマイズすることができます。

\\Androidの特徴//

  • ホーム画面やメニューを自由にカスタマイズできる
  • ウィジェット機能で必要な情報をホーム画面に直接表示できる
  • ショートカットキーを設定できる
  • 操作方法をある程度自由に設定できる
しゅん

iPhoneからAndroidに乗り換えて一番感じる部分としては、この操作性やカスタマイズの違いだと思います。

iPhoneとAndroidのアプリの違い

iPhoneとAndroidのアプリの違い

iOSとAndroidでは、アプリストアのの管理方法が異なります。

しゅん

iPhoneとAndroidの両方で公開されているアプリが多いですが、中にはどちらか片方のストアでしか公開されていないアプリもあります。

項目iOSAndroid
アプリストアApp StoreGoogle Playストア、その他
審査基準厳格比較的緩やか
互換性高い低い
支払い方法クレジットカード、Apple Payクレジットカード、キャリア決済、その他

iPhoneで使えるiOSアプリは、App Storeを通じて配信されます。

しゅん

App Storeでは、独自の審査基準を設けており、マルウェアなどのリスクが少ないアプリのみが配信されています。

\\iPhoneアプリの特徴//

  • 審査が厳格で、セキュリティの不安が少ない高品質なアプリが多い
  • Androidと比較するとアプリの数が少ない
  • 有料アプリが多い

一方、Androidアプリは、Google Playストア以外にも、様々なアプリストアからダウンロードできます。

しゅん

しかしGoogle Playストアは審査基準が比較的緩いため、マルウェアなどのリスクがあるアプリも存在します。

\\Androidアプリの特徴//

  • iPhoneのアプリと比較すると審査がゆるめ
  • 比較的アプリを公開しやすいためアプリの種類が豊富
  • 無料アプリが多い
  • 悪質なアプリが紛れ込む可能性がある
しゅん

どんなアプリを利用しても安全性の心配が少ないのがiPhoneです。

一方でAndroidはセキュリティが低めな分だけ、様々なアプリの数が多い点が違いと言えます。

iOSの強固なセキュリティvsAndroidのオープン性のリスク

iOSの強固なセキュリティvsAndroidのオープン性のリスク

次にセキュリティ対策についてを比較していきます。

しゅん

iPhoneはApple社による定期的なアップデートにより、常に最新の情報セキュリティ対策が提供されます。

\\iPhoneの安全性//

  • サンドボックスと呼ばれる技術により、アプリ間の相互アクセスを制限
  • 定期的なOSアップデートでセキュリティ対策を実施
  • アプリの審査が厳格

一方Androidは、オープンなOSであるため、iOSよりもセキュリティリスクが高いとされています。

先ほど解説したようにGoogle Playストア以外にも様々なアプリストアからアプリをダウンロードできるため、マルウェアなどのリスクがあるアプリも存在します。

\\Androidのリスク//

  • iPhoneと比較するとマルウェア感染のリスクが高い
  • フィッシング詐欺などの被害を受けやすい可能性がある
しゅん

比較的iPhoneの方がセキュリティが高いと言われますが、自身でできるセキュリティ対策を行うとより安全性が高まるでしょう。

  • OSを最新の状態に保つ⇒定期的にOSアップデートを適用することで、最新のセキュリティ対策を導入することができます。
  • アプリは公式ストアからダウンロードする⇒公式ストア以外のアプリストアからダウンロードする場合は、アプリの開発元やレビューなどを確認してからダウンロードするようにしましょう。
  • セキュリティソフトを導入する⇒セキュリティソフトを導入することで、マルウェアなどの脅威から端末を保護することができます。
  • 不要なアプリは削除する⇒使用していないアプリは削除することで、攻撃対象を減らすことができます。
  • パスワードを使い分ける⇒同じパスワードを複数のアカウントで使用するのは避けましょう。

このようにセキュリティを重視する人にはiOSがおすすめですが、セキュリティ対策をしっかり行うことで、Androidでも安全に利用することができます。

個性を出せるAndroidとシンプルなiOS

個性を出せるAndroidとシンプルなiOS

最後に使い勝手の良さについて比較していきます。

しゅん

ホーム画面のカスタマイズや操作性ではAndroidの方が細かい設定が可能です。

項目iOSAndroid
ホーム画面シンプルで分かりやすい自由度が高く、カスタマイズできる
メニュー使いやすい階層構造
通知シンプルで分かりやすい
ロック画面シンプルで分かりやすい
しゅん

iOSは、シンプルなデザインで、ユーザーが設定できる項目が少ないのが特徴です。

\\iPhoneの操作性//

  • シンプルで使いやすい一方で、カスタマイズできる項目が少ない

一方、Androidは、ホーム画面のレイアウトを変更したり、ウィジェットを追加したり、様々な操作をカスタマイズすることができます。

\\Androidの操作性//

  • ホーム画面やメニューを自由にカスタマイズできる
  • ウィジェット機能で情報を一目で確認できる
  • ショートカットキーを設定できる
  • 操作方法をある程度自由に設定できる

カスタマイズ性を重視するならAndroid、シンプルで使いやすいスマホを求めるならiOSがおすすめです。

iPhoneからAndroidで後悔したことや困ること【不便すぎてデメリットしかない?】

iPhoneからAndroidで後悔したことや困ること【不便すぎてデメリットしかない?】

次にに僕自身がiPhoneからAndroidに乗り換えて気づいたポイントから解説していきます。

しゅん

iPhoneからAndroidに乗り換えると、設定・トラブル時・耐久性・セキュリティなどの面でデメリットに感じる部分があります。

iPhoneからAndroidで後悔したこと
  1. Android端末ごとに設定方法が違う点に戸惑う
  2. 端末によって情報量が少ない機種がありトラブル時に困る
  3. iPhoneよりAndroidの方が寿命が短い
  4. Androidのアプリは安全性に注意が必要

と言うのも、AndroidはiPhoneと操作方法が大きく違う部分があります。

感覚的に使えるiPhoneと違って、Androidは細かい部分まで設定できるだけ、難しく感じる部分があるでしょう。

しゅん

そのため、下記の設定・トラブル時・耐久性・セキュリティのには注意した方が良いと感じます。

順番に解説します。

関連記事

下記の記事では、iPhoneとAndroidの将来性や長く使えるのはどっちなのか?違いを徹底比較しています。

関連記事iPhoneとAndroidで長く使えるのどっち?【将来性やコスパ、寿命や耐久性の違いを徹底比較】

Android端末ごとに設定方法が違う点に戸惑う

Android端末ごとに設定方法が違う点に戸惑う

まずAndroidの設定についてのデメリットから解説します。

しゅん

Androidはメーカーごとに、設定画面や設定方法が若干違います。

そのため、新しいAndroidに機種変更をしたあとに戸惑うことが多い印象があります。

原因は、スマホを製造している会社独自のの機能が追加されている場合や、Androidのバージョンの違うからです。

しゅん

元々Androidは細かく設定できるのですが、加えて設定の方法が変わると戸惑ってしまう部分があります。

この点はiPhoneよりもAndroidの方が劣っているなと感じる部分です。

端末によって情報量が少ない機種がありトラブル時に困る

端末によって情報量が少ない機種がありトラブル時に困る

次にトラブル時のデメリットを解説します。

しゅん

Androidは機種によってネットで情報を探してもなかなか見つからない場合があります。

Androidは端末によって設定方法が変わるので、そんな時に情報量が少ないと苦労が増えてしまいます。

そのため個性的な端末ほど、トラブル時に苦労する可能性が高いです。

しゅん

iPhoneの方が人気が高く情報量が多いので、その点では安心感が高いです。

細かい設定が出来る点がメリットなのに、探す苦労が必要になる点はデメリットと言えます。

iPhoneよりAndroidの方が寿命が短い

iPhoneよりAndroidの方が寿命が短い

次に耐久性の部分のデメリットを解説します。

しゅん

正直、iPhoneの方がAndroidよりも長く使うことが出来ます。

iPhoneAndroid
平均寿命は4年程度
OSのアップデートに対応している間は使える
平均寿命は2年ほど
アプリが落ちるなどの問題が出るまでが早い印象

と言うのも、iPhoneはOSアップデートの対象となる期間が長く、発売後、6年から7年ほど使うことが可能です。

また古い機種でもアプリが落ちるなど不具合が起こるまでの期間が長い特徴があります。

しゅん

その反面、AndroidはいつまでOSアップデートの対象になるか?不明確な機種が多く、2〜3年ほどが利用期間になります。

このようにAndroidはiPhoneに比べて、利用できる期間が短い点がデメリットです。

Androidのアプリは安全性に注意が必要

Androidのアプリは安全性に注意が必要

Androidのデメリットの最後は、セキュリティ面です。

しゅん

AndroidはiPhoneほどセキュリティが高くない点がデメリットです。

と言うのも、iPhoneのアプリはAppleの厳しい審査を通過していないと、公開することが出来ません。

しかしAndroidは審査がそこまで厳しくないので、セキュリティに不安のあるアプリも存在します。

しゅん

知らないうちに情報が流出していたと話題になるのは、Androidのスマートフォンです。

つまりAndroidは、iPhoneほどセキュリティが強固では無い点がデメリットです。

iPhoneよりAndroidがよかった点は?【Galaxyやpixelのメリット】

一方でAndroidには、良い面も数多くあります。

しゅん

iPhoneからAndroidn乗り換えて気づいたメリットは下記の通りです。

Androidのメリット
  1. 価格⇒iPhoneよりコスパが良い機種が豊富で選択肢が多い
  2. 設定⇒自由にウィジェットをカスタマイズ出来る
  3. 使い勝手⇒非常に便利な戻るボタンがある

順番に解説します。

関連記事

下記の記事では、iPhoneはデメリットしかない?Androidから乗り換えて後悔したポイントを紹介しています。

関連記事iPhoneは不便すぎてデメリットしかない!?【何がいいのか?イマイチ良さがわからない人にメリットを解説】

価格【iPhoneよりコスパが良い機種が豊富で選択肢が多い】

価格

【iPhoneよりコスパが良い機種が豊富で選択肢が多い】

まず最初にAndroidのメリットは価格の部分です。

しゅん

Androidは、本体端末の種類が豊富で選択肢が多いのがメリットです。

Androidは色々なメーカーが沢山の機種を販売しているので、デザインや価格など、自分なりのポイントで自由に選ぶことが出来ます。

カラーやサイズなどの選択肢が多いですし、カメラの画質の良さでも選べます。

しゅん

海外製だけでなく、国内メーカー製のスマホもあるのがAndroidの大きな魅力です。

このようにコスパで選ぶならAndroidの方が非常におトクといえます。

設定【自由にウィジェットをカスタマイズ設定できる】

設定

【自由にウィジェットをカスタマイズ設定できる】

また設定の自由度が高い点もAndroidのメリットです

しゅん

Androidは、設定できる項目がiPhoneより多く、カスタマイズの種類が豊富です。

特にウィジェットは、天気予報やカレンダー、歩数計などをホーム画面に自由に貼り付けることが出来るので、使い勝手が良いです。

その反面、iPhoneはAndroidほどホーム画面を自由にカスタマイズ出来ません。

しゅん

自分の使い方に合わせてカスタマイズしたい場合は、Androidの方が優れているな!と言う印象があります。

使い勝手【非常に便利な戻るボタンがある】

使い勝手

【非常に便利な戻るボタンがある】

最後に、Androidの一番のメリットを解説します。

しゅん

Androidが一番便利だと感じるのが、戻るボタンがある点です。

Android独特の機能として、前の画面に戻ることができる戻るボタンが非常に便利です。

iPhoneはアプリによって戻るボタンの場所が変わるので、ちょっとイラッとするときがあります。

しゅん

しかしAndroidは戻るボタンの位置がはっきりしているので、非常に快適に使えます。

この戻るボタンは、Android特有の便利な機能で、利用するとすごく便利だな!と感じます。

【朗報】Androidスマホをおトクに安く買う方法【中古なら非常に安い】

最後にAndroidも安く買う方法を紹介します。

しゅん

最近のスマホはかなり価格が高いので、中古を検討するのがおすすめです。

中古スマホのおすすめサイト
  1. ゲオオンラインストア⇒大手中古販売店の安心感が高く、品質にも定評がある。
  2. イオシス ⇒老舗のサイト。品質も良く他社よりも価格が安い印象がある優良サイト
  3. リコレ⇒ソフマップ系の中古専門サイト。HPも見やすくて中古iPhone買うならイチオシのサイト

上記の中古サイトは、信頼性が高く端末の状態を商品ランクという形で表示しているので、分かりやすいです。

しゅん

例えばイオシスの場合は、商品ランクという基準があり、分かりやすく表示しています。

\\商品ランクの一覧//

スクロールできます
商品状態状態
新品未開封品で、通電や動作確認していない商品
未使用品使用されていない開封済みの商品(動作確認のため通電済み)
中古Aランク使用感の少ない美品で、動作や機能に問題がない
中古Bランク使用するには問題がないが、キズや汚れが見られる
中古Cランク動作に問題はないが、全体的にキズや汚れが多い

発売されて間もないAndroidスマホでも、おトクに購入することが出来ます。

しゅん

最近は中古のスマホも安心して利用できるので、まずはチェックしてみましょう。

\\中古で買うならイオシスがおトク//

ーおトクなキャンペーンはこちらからー

関連記事

下記の記事では、中古のスマホに危険性はあるのか?購入前に知っておきたい注意点を紹介しています。

関連記事iPhoneの中古を買うならどこがいい?【リコレやソフマップなどおすすめサイトの評判や注意点まとめ】

まとめ

iPhoneからAndroidで後悔したことをまとめてました。

しゅん

僕自身はiPhoneからAndroidに乗り換えて、下記のようなデメリットを感じました。

iPhoneからAndroidで後悔したこと
  1. 設定⇒Android端末ごとに設定方法が違う
  2. トラブル時⇒端末によって情報量が少ない機種がある
  3. 耐久性⇒iPhoneの方がAndroidより長く使える
  4. セキュリティ⇒iPhoneの方がアプリの審査が厳しくて安全性が高い

このようにAndroidに乗り換えると、設定がiPhoneほど優しくなく、困った時に情報量が少ないというデメリットがあります。

しゅん

その反面、Androidに乗り換えると、下記のようなメリットを感じます。

Androidのメリット
  1. 価格⇒iPhoneよりコスパが良い機種が豊富で選択肢が多い
  2. 設定⇒自由にウィジェットをカスタマイズ出来る
  3. 使い勝手⇒非常に便利な戻るボタンがある

もちろんiPhoneもAndroidを出来ることに大差はありません。

しゅん

自分が使ってみたいな!と思うスマホを選ぶと、良いと思いますよ!

是非参考にしてみてくださいね!

\\中古で買うならイオシスがおトク//

ーおトクなキャンペーンはこちらからー

目次(タップで移動できます)