アップルウォッチはいらない?後悔する?【買うべきか迷う人に知っておきたい注意点を徹底解説】

本記事にはPRが含まれます
アップルウォッチはいらない?後悔する?【買うべきか迷う人に知っておきたい注意点を徹底解説】

この記事はアップルウォッチはいらない?後悔する?買うか迷う人に注意点を解説している記事です。

悩む人

アップルウォッチが欲しいな!って思うんだけど、いらない!とか後悔しないかな?って迷うんだけど、どうなのかな?

と言う疑問に答えます。

アップルウォッチを使うと、より生活が快適になりそう!って感じても、具体的なイメージが持てないと悩んでしまいますよね!

しかし、購入前に十分な検討を怠ると、後悔してしまう可能性もあります。

しゅん

僕自身は買って大満足しており、毎日愛用していますが、使い方によってはいらない!とか後悔した!ってなる可能性が高く注意が必要です。

そこでこの記事では、Apple Watchを購入して使っている経験から、アップルウォッチはいらない?後悔する?買うか迷う人の疑問を解決しつつ購入後に後悔しないためのチェックポイントを紹介していきます。

アップルウォッチの購入に悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

アップルウォッチがいらないのはこんな人

アップルウォッチを買って後悔する人はどんな人?【おすすめ出来ないパターンを徹底解説】

まず最初に、アップルウォッチがいらはい!必要ない人はどんな人なのか?から解説していきます。

しゅん

下記に該当する場合はじっくり検討するなど注意が必要です。

アップルウォッチがいらない人
  1. iPhoneを利用していない人
  2. 腕時計は邪魔だと思う人
  3. 每日の充電が面倒に感じる人
  4. ヘルスケア機能に興味がない人
  5. 通知が多いのが嫌な人
  6. アップルウォッチをつけてる男や女が好きではない人

順番に解説します。

iPhoneを利用していない人

アップルウォッチは、その全機能を活用するためにはiPhoneとの連携が必須です。

しゅん

例えばアップルウォッチでアプリケーションを使用したり、最新のwatchOSを利用するためには、iOS 17を搭載したiPhoneが必要となります。

新しいApple Watchを初期設定して使うには、iOS 17以降を搭載したiPhoneが必要です。

Apple Watch を初期設定する ー Apple

アップルウォッチは基本的にiPhoneとセットでの利用が想定されています。

しゅん

実際アップルウォッチの設定は下記の画像のようにiPhoneから行うことも可能です。

iPhoneのApple Watch管理画面
しゅん

Androidや他のスマートフォンを使用している場合、アップルウォッチの多くの便利な機能を体験することはできません。

したがって、主にAndroidスマートフォンを使用している人は、アップルウォッチの代わりにGoogle Pixel WatchやFitbitなど、Androidと互換性のある他のウェアラブルデバイスの使用を検討すべきです。

関連記事

下記の記事では、中古iPhoneを買うならどこがいいのか?おすすめのサイトを徹底解説しています。

関連記事iPhoneの中古を買うならどこがいい?【リコレやソフマップなどおすすめサイトの評判や注意点まとめ】

腕時計は邪魔だと思う人

次に腕時計は邪魔だと感じる人も、アップルウォッチを購入して後悔する可能性があります。

しゅん

アップルウォッチは非常に軽くて、腕につけても邪魔になりません。

例えば僕が愛用しているApple Watch series8の重量は下記のようになります。

素材サイズ重量
アルミニウム41mm32.0g
アルミニウム45mm38.8g
ステンレススチール41mm42.3g
ステンレススチール45mm51.5g

しかし腕時計をつけるのが好きではない人は、邪魔に感じるかも知れません。

しゅん

アップルウォッチが便利だと分かっていても、手首が締め付けられる感じが好きではない人は、後悔する可能性があります。

每日の充電が面倒に感じる人

アップルウォッチは、その高度な機能を支えるために日々の充電が必要です。

しゅん

最新モデルでもバッテリー寿命は最大18時間とされており、日常的に充電する習慣がない方にとっては不便を感じることがあるかもしれません。

特に、従来の腕時計ユーザーで、長期間充電なしで使用できることに慣れている方は、アップルウォッチの充電要件を煩わしく思う可能性があります。

もちろん高速充電に対応したApple Watch Seriesなら、お風呂に入っている間などで充電が完了するほどスピーディーです。

しゅん

しかし每日充電が必要になるので、充電が面倒な人は後悔する可能性があります。

ヘルスケア機能に興味がない人

他にもアップルウォッチの優れた機能であるヘルスケア機能に興味がない人も後悔する可能性があります。

しゅん

モデルによって異なりますが、歩数や消費カロリー以外に心電図や心拍など、自分の健康状態を細かく把握できます。

他にも夜間にアップルウォッチを身につけるだけで、睡眠の質を自動的に保存してくれる機能もあります。

このように、自分がどれだけ運動したのか?や每日の体調チェックをしたい人には非常にメリットがあります。

しかし、それらの機能にあまり興味がない方は、アップルウォッチの優れたメリットを活かすことが出来ないでしょう。

しゅん

アップルウォッチはヘルスケア機能が充実していて、その点に魅力を感じない人は後悔する可能性があります。

関連記事

下記の記事では、アップルウォッチを寝るときに身につけている経験から、効果やメリットを解説しています。

関連記事アップルウォッチを寝るときに身につける効果やメリットとは?【実際に使って分かったポイント解説】

通知が多いのが嫌な人

またアップルウォッチはiPhoneなどが近くになくても、通知してくれる点が優れています。

しゅん

しかしスマホから離れた時の通知があるのが嫌な人には向いていません。

もちろんApple Watchは通知の数やアプリを選んで設定することが可能です。

アップルウォッチの通知管理画面
しゅん

iPhoneと同様に通知の範囲を決めることが可能ですが、面倒に感じる人もいるハズです。

このような設定が面倒に感じる人もアップルウォッチで後悔する可能性があります。

ファッションやデザインを重視するユーザー

アップルウォッチは技術的に進んでいる一方で、そのデザインは比較的単一で、個性を強く出すことが難しいです。

しゅん

高級腕時計のようなデザイン性やブランドのステータスを重視するユーザーにとっては、アップルウォッチのスタイルが合わない可能性があります。

またカスタマイズの選択肢はありますが、基本的には見た目が似ているため、他人と差をつけたい方には不向きかもしれません。

これらの点を踏まえ、アップルウォッチの購入を検討する際は、自分の使用習慣やニーズに合致するかどうかをしっかりと考慮することが大切です。

しゅん

不必要な後悔を避けるためにも、購入前にこれらの点を考慮に入れてお選びください。

アップルウォッチをつけてる男や女が好きではない人

最後にアップルウォッチをつけてる男や女が好きではない人も避けたほうが良いでしょう。

しゅん

主観的な部分にはなりますが、アップルウォッチを付けている人に良いイメージがない場合も注意が必要です。

正直、アップルウォッチを付けている人も増えてきていて、気にする人はかなり減っているのは事実です。

しかしアップルウォッチをつける本人がどう思っているのか?は結構重要だと思います。

しゅん

アップルウォッチを付けている人に対して、どんなイメージを持っているか?もポイントになります。

関連記事

下記の記事では、アップルウォッチをつけてる女性は嫌われるのか?アンケート調査を実施してイメージをリサーチした結果を紹介しています。

関連記事アップルウォッチをつけてる女性をどう思う?【アンケート調査で分かったイメージを徹底解説】

アップルウォッチを買っても後悔する使い方とは?

次にアップルウォッチを買っても後悔する使い方について解説していきます。

しゅん

アップルウォッチは、以下のようなシチュエーションでは不向きな場合があります。

アップルウォッチを買って後悔する使い方
  • 激しい運動をする場合⇒アップルウォッチは、衝撃に弱い場合があり、激しい運動をする場合は、専用のスポーツウォッチなどの方が適しています。
  • 長時間の水に濡れる場合⇒アップルウォッチは、防水性能はありますが、長時間の水濡れには耐えらないため、プールや海などで長時間使用する場合は、不向きです。
  • 医療機器として使用したい場合⇒アップルウォッチは、医療機器ではありません。病気の診断や治療には使用できません。

順番位解説します。

激しい運動をする場合

アップルウォッチは日常生活や軽いアクティビティには適していますが、特に激しい運動や衝撃が伴うスポーツを行う際には注意が必要です。

しゅん

普段のランニングやウォーキングなどでは、記録として残したり、通知などの機能は非常に便利です。

しかし、激しい運動やアップルウォッチが直接衝撃を受けやすい環境では、画面が破損するリスクが高まります。

このような運動で利用するなら、スポーツに特化したタイプのスマートウォッチの方が優れている場合があります。

しゅん

アップルウォッチは万能なスマートウォッチですが、運動に特化する場合は、より優れたモデルがある点は知って欲しいポイントです。

長時間の水に濡れる場合

アップルウォッチは一定の防水性能を持っているため、日常的な水しぶきや短時間の水泳は問題ありません。

しゅん

しかし水泳やサーフィン、ダイビングなど長時間水中にいるアクティビティには適していません。

長時間水にさらされることで防水機能が低下し、内部に水が侵入する可能性があり、本体の故障は発火の原因になる可能性があります。

もちろん僕自身、公式にはサポート対象外ですが、サウナで利用して自分の”ととのう”タイミングを理解するために使っています。

しゅん

心拍数が130から140前後になったサウナ室から出るなど、タイミングが見極めやすいので、重宝しています。

しかし故障しても自己責任ですし、サウナによっては禁止されているなど制約も多いのは事実です。

そのため特に水泳やサーフィン、ダイビングなどのでは、専用のダイビングウォッチなど、より高い防水性能を備えたデバイスを選ぶことが望ましいです。

関連記事

下記の記事では、アップルウォッチを身につけたままサウナを利用したら壊れるのか?注意点など体験談をまとめています。

関連記事アップルウォッチはサウナで壊れない?【注意点やおすすめアプリ・バンドを徹底紹介】

医療機器として使用したい場合

アップルウォッチには心拍数モニターや血中酸素濃度センサーなどの健康関連の機能が装備されています。

しゅん

しかしこれらの機能は健康のモニタリングを助けるためのものであり、医療機器としての認証は受けていません。

そのため病気の診断や治療には使用できず、医師の診断や指示には代わるものではありません。

あくまでモニタリングの機能であり、そのデータを元に医師に相談するなどのきっかけにすべき存在です。

しゅん

健康状態に関する重要な判断は、適切な医療機関を通じて行う必要があります。

そのためアップルウォッチを身につければ健康状態を診断できる!のような考え方では使えない点に注意しましょう。

特定の機能に期待するユーザー

アップルウォッチは他社のスマートウォッチと比較しても基本的には高機能なスマートデバイスです。

しゅん

しかし、オメガやロレックスなどの伝統的な高級腕時計のようなデザイン性やブランドのステータスを求めるユーザーには向いていません。

アップルウォッチはどちらかというと、スポーティなデザインが特徴であり、カスタマイズの選択肢も限られています。

もちろん購入ブランドのバンドなどは多く販売されていて、ブランドイメージが良くすることは可能です。

しゅん

しかし高級腕時計としての見た目や独自性を重視する場合、他のブランドの時計が適しているでしょう。

これらの点を理解し自分のニーズに合ったスマートウォッチを選択することが、後悔しない購入へと繋がります。

アップルウォッチと他社のスマートウォッチを比較

アップルウォッチは独自の機能と統合性で高い評価を受けていますが、Androidユーザーや特定のニーズを持つ方にとって最適な選択肢ではないかもしれません。

しゅん

アップルウォッチは他のスマートウォッチと比較して、アプリの豊富さ、操作性、デザインの洗練度で優れています。

アップルウォッチは多くの機能を持ち、日常生活を豊かにするツールとして非常に有用ですが、その使用にはiPhoneとの連携が必須であり、全てのユーザーにとって最適な選択とは限りません。

アップルウォッチ以外にも、様々なスマートウォッチが発売されています。以下は、代表的な代替品と比較表です。

機能アップルウォッチWear OSFitbitGarmin
OSwatchOSWear OSFitbit OSGarmin OS
対応機種iPhoneAndroid
価格3万円~1万円~1万円~1万円~
デザインシンプルカジュアルスポーツアウトドア
機能豊富基本的ヘルスケアスポーツ

順番に解説します。

Androidユーザー向けの代替品

アップルウォッチはiPhoneとのシームレスな連携が魅力ですが、Androidユーザーにはこのメリットが享受できません。

しゅん

代わりに「Google Pixel Watch」や「Fitbit」が適しています。

Google Pixel Watchは、心拍数モニターやGPS機能、さらにはSuicaに対応しており、日常的な健康管理や移動時の便利さを提供します。

また、Fitbitは長年の健康管理技術により、睡眠追跡やアクティビティの記録が詳細にできることで知られています。

しゅん

このようにアンドロイドユーザーの方は、他社のスマートウォッチの方が使いやすいでしょう。

価格と機能のバランス

アップルウォッチは機能が豊富ですが、価格も高めです。

しゅん

もし予算が気になる場合は、FitbitGarminのスマートウォッチが良い選択肢になるかもしれません。

これらのデバイスも健康管理機能や通知の管理、GPS追跡を備えており、より手頃な価格で提供されています。

このほかにも様々なメーカーから商品が出ており、例えば活動量を調べたいならタニタの活動量計はスマホと連動するので便利です。

しゅん

使う用途によってアップルウォッチ以外の選択肢も多い点が魅力と言えます。

デザインとカスタマイズ

デザインを重視するユーザーにとって、アップルウォッチのスタイルが必ずしも合うわけではありません。

しゅん

GarminやFitbitはそれぞれ異なるデザインを提供しており、スポーティーからクラシカルまで、より多様な選択肢を提供します。

また、バンドの交換や文字盤のカスタマイズも可能で、個性を表現しやすくなっています。

アップルウォッチのようにディスプレイ部分が大きいモデルもあれば、コンパクトなサイズ感が特徴のスマートウォッチもあります。

しゅん

使い勝手や機能が大きく違うので、しっかり見極めることが後悔しないためのポイントになるでしょう。

アップルウォッチを使って良かったと感じる体験談

アップルウォッチはいらない?買って後悔する?【使い方で変わる】

次に、僕自身がアップルウォッチを使ってみて、どう感じているのか?体験談を紹介していきます。

しゅん

僕自身は2年前にApple Watch series8を購入してから、毎日愛用しています。

と言うのも僕自身は、1日の活動量や睡眠の状況などの把握がしたい!という動機でアップルウォッチを購入しました。

アップルウォッチはいらない?僕が買った理由
  • 運動の状況⇒日々の歩数や消費カロリーをチェックしたかった
  • 睡眠の状況⇒日々の睡眠時間や睡眠の質を確認したかった
  • 通知⇒スマホを見なくても通知を知りたかった
  • ロック解除⇒iPhoneやMacのロック解除機能を使いたかった

このような部分に魅力を感じたので、アップルウォッチを購入しました。

最初は、スマホの通知を確認できるだけの便利なツールだと思っていましたが、使っていくうちに生活になくてはならない存在になりました。

しゅん

具体的には健康管理、時間管理など、様々な場面で活用することができます。

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

関連記事

下記の記事では、Apple Watch Series8は待つべき?と悩む人に向けて、使って分かった機能や使い勝手を詳しくレビューしています。

関連記事アップルウォッチ 8は待つべきか?買うべきか?【実際に使って分かった機能や使い勝手を徹底解説】

健康管理

Apple Watchを一番活用しているのが、健康管理機能です。

しゅん

歩数や心拍数、睡眠時間などを自動的に記録してくれるので、自分の健康状態を簡単に把握することができます。

また、ワークアウトアプリを使って、ランニングや筋トレなどの運動を記録することもできます。

アップルウォッチを使うようになってからウォーキングを始めたのですが、最初はなかなか続かずにいました。

しゅん

しかしApple Watchのワークアウトアプリを使って、ランニングの記録を毎日つけるようにしたところ、モチベーションを維持することができ、今では毎日ウォーキングようになりました。

毎日、どれぐらいの距離や歩数を歩いたのか?アップルウォッチから簡単に確認可能で、iPhoneならマップ表示でコースを確認することができます。

他にも自分で設定したムーブゴールを達成すると、アップルウォッチが通知して教えてくれる機能もあります。

しゅん

このようにアップルウォッチを活用して運動の記録を振り返ることで、モチベーションを維持することができます。

時間管理

Apple Watchは、時間管理にも役立っています。

しゅん

カレンダーやリマインダーなどのアプリを連携させることで、予定を常に確認することができます。

またタイマーやアラーム機能は手に装着していると、振動で教えてくれるので、見逃す心配がありません。

またMacBookから離れると自動的にロックされたり、席に戻ったらロックが解除されるなど、地味に時間を節約できる機能も搭載されています。

しゅん

アプリを活用すると、ポモドーロテクニックで集中したいときに活用できます。

その他

他にもApple Watchには、音楽再生やSuica決済、天気予報など、様々な機能が搭載されています。

しゅん

決済機能を利用すれば、アップルウォッチを身に付けているだけで買い物ができます。

またセルラーモデルなら、iPhoneを持ち歩かなくても電話やメッセージを送ることも可能です。

iPhoneと同じようにSiriが使えるので、覚えておきたいアイデアや買い物メモを残したり、リマインダーを設定することができます。

しゅん

このようにアップルウォッチはも、日常生活の中で便利に活用しています。

購入後に後悔しないためのチェックリスト

最後に購入後に後悔しないためのポイントを解説していきます。

しゅん

アップルウォッチの購入を検討している場合は、以下のチェックリストを確認してみましょう。

  • iPhoneを持っているか⇒アップルウォッチはiPhoneと連携するのが前提です。
  • 毎日充電することをいとわないか⇒アップルウォッチは1日1回の充電が必要になるケースが多いです。
  • デザインに満足できるか⇒アップルウォッチのデザインは比較的シンプルです。
  • 必要な機能が搭載されているか⇒アップルウォッチはモデルによって機能が異なるため、必要な機能が搭載されているかどうか確認しましょう。
  • 予算は十分か⇒アップルウォッチは比較的価格の高いスマートウォッチです。予算内で購入できるモデルを選びましょう。

これらの点をしっかりと考慮した上で、購入を進めるかどうかを決めることが後悔しないための鍵となります。

iPhoneを持っているか?

アップルウォッチの全ての機能を利用するためには、iPhoneが必要です。

しゅん

最新のwatchOSを使用するには、少なくともiPhone 6s以降のモデルが必要で、iOS 14以降を搭載している必要があります。

そのためiPhoneを保有していない場合は、アップルウォッチ以外のモデルの方が使い勝手が良いでしょう。

または古いモデルのiPhoneを使用している場合、アップルウォッチの購入後にiPhoneの買い替えも必要になる可能性があります。

しゅん

このようにiPhoneを利用しているか?古いiPhoneではないか?しっかり確認しましょう。

毎日充電することをいとわないか

アップルウォッチのバッテリー寿命は通常18時間程度ですが、使用状況によってはそれより短くなることもあります。

しゅん

毎晩の充電が必要なので、充電を面倒と感じる方には向いていません。

もちろん高速充電に対応したアップルウォッチなら、比較的スピーディに充電することが可能です。

具体的には入浴中や就寝前の短時間で充電することができるため、日常生活において特に支障はありません。

しゅん

しかし対応するUSB充電器が必要になるなど、新たに充電器を購入する必要があるかもしれません。

このように充電についてもしっかりと考える必要があります。

デザインに満足できるか

アップルウォッチはスタイリッシュでモダンなデザインです。

しゅん

全モデルが一貫したデザインなので、個性を重視する方には物足りなさを感じるかもしれません。

バンドの交換やケースのカスタマイズによって多少のアレンジは可能ですが、基本的な形状や外観は変わりません。

しかしバンドの種類も豊富で、個性的に見せる方法は沢山あります。

しゅん

アップルウォッチはパッと見たときにすぐにわかる点が特徴的と言えます。

個性的に見せたい場合や人と違うデザインにしたい場合は、注意が必要です。

必要な機能が搭載されているか

健康管理から日常の通知管理、GPSトラッキング、音楽再生など、アップルウォッチは多岐にわたる機能があります。

しゅん

しかしモデルや世代によって搭載している機能が少しずつ異なります。

そのため自分が使いたい機能が搭載されているのか?しっかり確認する必要があります。

例えばApple Watch Series 9やUltra 2はダブルタップによる、ジェスチャーコントロールが可能になっています。

しゅん

一方で、Apple Watch SEは血中酸素濃度測定機能や皮膚温センサーは搭載していません。

このように自分のライフスタイルに合った機能がアップルウォッチに含まれているかを確認することが大切です。

予算は十分か

アップルウォッチはスマートウォッチの中で高価格帯に位置しています。

しゅん

最新モデルのApple Watch Ultraは特に高額で、10万円を超えるモデルもあります。

スマホに近い金額の支出が必要になるので、しっかりと検討する必要があります。

一方で少し古いシリーズであれば、中古なども選択肢に加えると、比較的手頃な価格で入手可能です。

しゅん

このように購入前に、自分の予算とニーズに最適なモデルを慎重に選ぶことが重要です。

まとめ

アップルウォッチは、便利でスタイリッシュなスマートウォッチですが、万人にとって最適なデバイスではありません。

しゅん

購入前に十分に検討し、本当に自分に必要かどうかを判断することが大切です。

アップルウォッチの購入を検討している場合は、例えば下記の質問に答えてみましょう。

  • スマホを取り出さずに通知を確認したいか?
  • 健康管理をしたいか?
  • 運動をもっと頑張りたいか?
  • スタイリッシュなスマートウォッチが欲しいか?

これらの質問に対する答えが「はい」であれば、アップルウォッチは良い選択肢の可能性が高いです。

しゅん

しかし答えが「いいえ」であれば、Garminやfitbitなどの他のスマートウォッチやウェアラブルデバイスの方が適している可能性があります。

僕自身はアップルウォッチを購入してウォーキングの記録や通知機能など、非常に便利だな!と思っていつかっています。

しかし結局いらなかった!後悔した!という思いをしないために、しっかりと選んでみてくださいね!

目次(タップで移動できます)