【TORRAS】ガラスフィルム「GlassGo」を評価レビュー【保護力が強く画面も見やすい】

本記事にはPRが含まれます
【TORRAS】ガラスフィルム「GlassGo」を評価レビュー【保護力が強く画面も見やすい】

この記事はTORRASのガラスフィルムである「GlassGo」の評価レビューをまとめた記事です。

悩む人

ガラスフィルムを探していたら、TORRASの「GlassGo」を見つけたんだけど、保護フィルムとしての性能や貼りやすさなどが知りたいな!

という疑問に答えます。

iPhoneのディスプレイに傷や画面割れが怖いから、フィルムを使って保護したい!と考えていませんか?

しかしiPhone用のガラスフィルムは、様々なメーカーが販売しているので、どれを選べばいいのか?悩みますよね!

しゅん

今回、TORRASのガラスフィルム「GlassGo」の使い勝手や保護力はどうなのか?実際に使ってみる機会に恵まれました。

TORRASのガラスフィルム「GlassGo」は、ガイド付きで貼り付けが簡単、透明度も高くしっかり保護してくれる!など、高品質で使い勝手が良いガラスフィルムだと感じます。

TORRASのガラスフィルム「GlassGo」に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

【PR】この記事はTORRAS様より商品を提供いただき執筆しています。

目次(タップで移動できます)

【TORRAS】ガラスフィルム「GlassGo」は保護力も強くて画面も見やすい

デザイン【透過率100%の光沢タイプなので画面が非常に見やすい】

まず結論から。

しゅん

TORRASのガラスフィルム「GlassGo」は保護力も強くて画面も見やすい点が印象に残りました。

TORRAS ガラスフィルム
「GlassGo」の特徴
  • サラサラした手触りで指紋や油分が付きにくく、滑らかなタッチ感
  • 9H硬度の硬さがあるので、高い耐久性と保護力が高く、キズや衝撃に強い
  • 透明度が高いので画面の色や明るさを損なわず、画面が見やすい
  • ガラスフィルムに空気が入らないように設計されており、気泡の発生しにくい
しゅん

実際に使用してみると、特に指滑りがスムーズであることが印象的でした。

以前利用していたガラスフィルムでは、時々指が引っかかる感じが気になりましたが、「GlassGo」はそのような感覚はありません。

また、動画や写真を見る際の色味が非常に鮮やかで、非常に見やすい点がメリットです。

しゅん

思った以上に良いガラスフィルムだな!というのが使った印象です。

TORRAS ガラスフィルム「GlassGo」の詳細
項目仕様
商品名GlaassGo
ブランドTORRAS
材料航空宇宙用途特化ガラス材料 (Dragontrail)
表面硬度9H以上
耐衝撃性通常製品より20倍
保護範囲360°全周保護
撥水・撥油性あり (耐指紋機能付き)
透過率100%

【TORRAS】ガラスフィルム「GlassGo」をレビュー【デザインや貼りやすさ、使い勝手】

iPhone13とTORRASのガラスフィルム「GlassGo」2枚セットの内容

それでは順番にTORRASのガラスフィルム「GlassGo」についてレビューしていきます。

しゅん

GlassGoは、米軍規格のAGC製ガラスを採用していて、高い保護力と耐久性がある点が特徴です。

TORRAS ガラスフィルム
「GlassGo」をレビュー
  • デザイン⇒透過率100%の光沢タイプなの画面が非常に見やすい
  • 貼り方⇒失敗した時も安心の2枚入りで貼り直しもできる
  • 使い勝手⇒厚みがあり撥水撥油性加工なので指紋が付きにくく保護力も強い
  • デメリット⇒購入時のサイズ間違いには注意しよう

順番に解説します。

透過率100%の光沢タイプなので画面が非常に見やすいデザイン

iPhone13とTORRASのガラスフィルム「GlassGo」

まず最初にTORRASのガラスフィルム「GlassGo」のデザインからレビューしていきます。

しゅん

GlassGoは、透過率100%の光沢タイプのフィルムで、貼り付けると画面が非常に見やすい点が特徴です。

素材は日本企業のAGC製(旧旭硝子)で、航空宇宙用途に特化したガラス材料(Dragontrail)を採用しています。

そのためガラスフィルムの表面硬度が9Hを超えていて、鉱石の硬さを示すビッカーズ硬度はHv673と非常に強度が強いです。

しゅん

汚れや衝撃に強いだけでなく、iPhoneを操作する時も滑らかな指ざわりで非常に使い勝手が良い点が魅力です。

このようにTORRASのガラスフィルム「GlassGo」は日本製の素材を活用しつつ、汚れに強く使い勝手が良く仕上がっている点が特徴です。

失敗した時も安心の2枚入りで貼り直しもできる点が安心できる

貼り方【失敗した時も安心の2枚入りで貼り直しもできる】

では、実際にTORRASのガラスフィルム「GlassGo」をiPhoneに貼り付けていきます。

しゅん

TORRASのガラスフィルム「GlassGo」を貼り付けるためのガイドやアルコールパッド、クロスなどが付属しているので、難しい点はありません。

しかもガラスフィルムが2枚同封されているので、万が一失敗してしまった時でも安心です。

ガラスフィルムに同封されているクリーニングキットで掃除しますが、番号が振られているので、その順番にゴミやホコリを落としていきましょう。

iPhoneとTORRASのガラスフィルム「GlassGo」のクリーニングキット
しゅん

汚れをキレイに落としたら、ガラスフィルム貼り付け用のガイドをiPhoneにセットします。

このガイドを利用することで、ガラスフィルムが横になったりズレることを防いでくれます。

iPhone13とTORRASのガラスフィルム「GlassGo」の貼り付け用ガイドフレーム
しゅん

ガイドフレームをiPhoneに取り付けて、ホコリやゴミが残っていないか?慎重に確認します。

問題なければ、ガラスフィルム本体を台紙から剥がして、iPhoneの貼り付けます。

iPhone13とTORRASのガラスフィルム「GlassGo」の空気抜き用のヘラ
しゅん

僕が貼り付けた時は、ヘラを使用しなくても全体的にピタッと張り付きました。

しかしエッジの部分などが浮いている場合もあるので、ヘラを使って全体的にしっかり貼り付けましょう。

5分とかからずに貼り付け作業が完了しました。

しゅん

液晶画面のホコリやゴミの除去にさえ注意すれば、特に失敗することなく貼り付け作業は完了するでしょう。

使厚みがあり撥水撥油性加工なので指紋が付きにくく保護力も強い

使い勝手【撥水撥油性加工で指紋が付きにくく保護力も強い】

次に使い勝手についてレビューしていきます。

しゅん

全体的に画面操作に違和感のある引っ掛かりなどは全く感じず、使い勝手は良い印象です。

透過率100%の光沢タイプのガラスフィルムなので、近くで見ても貼っているのが分からないほど馴染んでいます。

ディスプレイの感度も良く、画面操作でイライラする心配はないでしょう。

しゅん

また表面は厚みがあり、撥水撥油性加工なので指紋が付きにくい印象を持ちました。

TORRASのガラスフィルム「GlassGo」の端の部分
しゅん

よく確認すると指紋が残っている部分に気が付きますが、普段使っている時は気にならない点はメリットだと思います。

このようにTORRASのガラスフィルム「GlassGo」は、使い勝手の部分でも非常に良い点が魅力です。

デメリットや不満点は少ないが、購入時のサイズ間違いには注意しよう

最後にデメリットを解説していきます。

しゅん

TORRASのガラスフィルム「GlassGO」そのものには特に不満点や気になったポイントはありませんでした。

ただしiPhoneの画面のサイズに合わせて、多数の種類が販売されています。

\\現在販売中のフィルム//

フィルムの種類画面サイズ
iPhone12/12Pro用6.1インチ
iPhone13 mini用5.4インチ
iPhone13/14/13Pro用6.1インチ
iPhone14Plus/13ProMax用6.7インチ
iPhone14Pro Max用6.7インチ

サイズが違うガラスフィルムを購入すると、どう頑張ってもピタッと貼り付けることは出来ません。

そのため購入するときは、自分の持っているiPhoneのサイズにしっかりとあったフィルムを購入するようにしましょう。

しゅん

サイズが同じでもiPhoneの型番が違うと、切り欠きの形が違うので注意が必要です。

Amazonなどでは、同じ画面でサイズを選択する仕様になっていますし、iPhoneのモデル名は紛らわしい場合も多いので、注意が必要です。

【TORRAS】ガラスフィルム「GlassGo」を買う前に知っておきたい注意点【Q&A】

最後にTORRASのガラスフィルム「GlassGo」を購入する前に知っておきたい注意点

しゅん

簡潔にQ&A形式で紹介します。

TORRASの保護フィルムの貼りつける時に必要なものはある?

「GlassGo」を貼り付けるためのキットが付属しています。

汚れ落としのシールやマイクロファイバークロスが付属しているので、他に必要なものは無いと思います。

TORRASのガラスフィルムは貼り直しできる?

何度か貼り直してみましたが、その度にしっかりと張り付いてくれました。

しかし貼り直す回数が増えると、ゴミや汚れが張り付く可能性が高くなるので、注意しましょう。

TORRASのガラスフィルムとNIMASOのガラスフィルムならどっちがいい?

TORRASもNIMASOのガラスフィルムもどちらも質が高いです。

個人的には遜色ない出来だと思うので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

関連記事

下記の記事では、iPhoneに保護フィルムは必要なのか?いらないのか?実際にレビューしつつ検証しています。

関連記事iPhoneはフィルム無しでも大丈夫? 【保護にガラスフィルムはいらない?必要?実際に貼ってみた】

まとめ

ガラスフィルム GlassGo
総合評価
( 4 )
メリット
  • ガイドフレームやクリーニングセットの内容が充実していて安心して貼り付け可能
  • 指紋が目立ちにくく、タッチパネルの操作に違和感なし
デメリット
  • iPhoneのシリーズ別に種類が多いので、購入時に注意が必要

TORRASのガラスフィルム「GlassGo」の評価レビューをまとめました。

しゅん

実際に利用してみると、かなり品質が高く貼り付けも簡単でした。

TORRAS ガラスフィルム
「GlassGo」の特徴
  • サラサラした手触りで指紋や油分が付きにくく、滑らかなタッチ感
  • 9H硬度の硬さがあるので、高い耐久性と保護力が高く、キズや衝撃に強い
  • 透明度が高いので画面の色や明るさを損なわず、画面が見やすい
  • ガラスフィルムに空気が入らないように設計されており、気泡の発生しにくい
しゅん

透明度が高いので、画面がより見やすくなり、傷や汚れに強い点が好印象です。

また画面の滑りが良いので、ガラスフィルムが滑りが悪くて好きじゃない!という方でも、安心して使えるでしょう。

今回初めてTORRASのガラスフィルム「GlassGo」を利用してみましたが、非常に質が高くて良いフィルムだと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

目次(タップで移動できます)