Amazonプライム無料体験の罠とは巧妙な詐欺?【会費が引き落とされる原因や対処法】

本記事にはPRが含まれます
Amazonプライム無料体験の罠とは巧妙な詐欺?【会費が引き落とされる原因や対処法】

この記事は、Amazonプライム無料体験の罠とは巧妙な詐欺のこと?勝手に500円や4900円が引き落とされる原因や対処法について解説している記事です。

悩む人

Amazonプライムには無料体験の悪質な罠があるって聞いたんだけど、本当なの?勝手に500円や4900円引き落とされないか不安なんだよね!

と言う疑問に答えます。

Amazonプライムに興味があっても、無料体験の罠があると大丈夫?巧妙な詐欺?勝手に引き落としがある?と聞くと不安に思ってしまいますよね!

しゅん

実際、Amazonプライムでは無料体験期間中や有料会員に注意すべきポイントがあります。

そこでこの記事では、Amazonプライム無料体験の罠とはどんなものなのか?勝手に500円や4900円を引き落とされないためにはどのような対策があるのか?詳しく解説します。

Amazonプライム無料体験の罠が気になる人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

Amazonプライム無料体験の罠とは巧妙な詐欺?【勝手に500円や4,900円の会費が引き落とされる原因】

amazonプライムの画面

まず結論から。

しゅん

Amazonプライム無料体験の罠や勝手に500円や4900円の会費が引き落とされるのは、下記の4つの部分が原因であることが多いです。

Amazonプライム無料体験の罠とは?
  1. 無料体験終了後に自動的に更新されること
  2. 登録後に送られるお知らせメールの内容が見にくい
  3. 解約手続きを行う必要があること
  4. 無料期間に関する認識の違い

順番に紹介します。

1つ目の罠 無料体験終了後に自動的に更新されること

無料体験終了後に自動的に更新されること

まずAmazonプライムの無料会員の罠と言われる1番の理由は、無料体験終了後に自動的に有料会員に更新される点です。

しゅん

下記のように会員登録した後に、解約手続きを行わない限り、有料会員になる流れになっています。

Amazonプライムの会費が請求される流れ
STEP
アマゾンプライムに会員登録する
amazonプライムの画面

30日間の無料体験がスタート。

全ての特典を利用可能です。

STEP
会費請求のタイミング
お知らせメールに記載されたAmazonプライムの自動移行に関するお知らせ

30日間の無料体験が終了後に自動的に有料会員に移行し、会費の請求が発生します。

また既にプライム会員の場合は、それぞれの請求のタイミングで自動的に請求が発生します。

STEP
1ヶ月or2ヶ月程度で引き落とし
プライム会員の料金

会費の請求があってから1ヶ月や2ヶ月後に、実際に引き落としが発生します。

これが500円や4900円が勝手に引き落とされた!という評判の原因です。

しゅん

実際、公式サイト上では、無料体験期間が終了すると自動的に有料会員プランにアップデートされると明記されています。

無料体験期間中は会費の請求は生じませんが、無料体験期間が終了すると、自動的に有料会員プランにアップグレードされます。

Amazon – ヘルプ&カスタマーサービス

無料体験しているつもりが、気が付かないうちに会費が請求されてしまった!と言う点が、無料体験の罠と言われることがあります。

しゅん

無料だから試してみよう!と思ったのに、会費が請求されると、嫌な思いをする方が多いです。

このように自分が気がつかない間に有料会員に登録されてしまう部分が、無料会員の罠と言われる理由です。

\\アカウント情報を今すぐチェック//

ープライムのアカウントサービスはこちらからー

2つ目の罠 登録後に送られるお知らせメールの内容が見にくい

登録後に送られるお知らせメールの内容が見にくい

次にAmazonプライムの無料体験の罠と言われる原因は、登録後に送られるお知らせメールの内容が見にくい点です。

しゅん

登録完了メールには、有料に移行する旨の内容が記載されていますが、細かい文字で見落とす可能性があるんですよね。

僕が以前、Amazonプライムに登録した時に送られたお知らせメールの内容にも記載がありますが、小さい文字でこのような記載があります。

お知らせメールに記載されたAmazonプライムの自動移行に関するお知らせ
しゅん

文末の方に細かい文字で書かれていますし、お知らせメールの内容を細かくチェックしない方も多いです。

このように、無料会員から有料会員の移行について見落としてしまう可能性がある点が、無料体験の罠と言えるでしょう。

\\30日間無料キャンペーン実施中//

ー今だけ!限定キャンペーンを見てみるー

3つ目の罠 解約手続きを行う必要がある

解約手続きを行う必要がある

次にAmazonプライムの無料体験の罠と言われる原因は、解約手続きの必要性です。

しゅん

Amazonプライムは、自分で解約手続きをしないと、自動的に有料会員になってしまいます。

他のサービスでは、無料体験終了後に自分で改めて登録しない限り、有料会員に移行しな場合もあります。

しかしアマゾンプライムの場合は自分で手続きをしないといけない点が面倒に感じたり、解約方法が分かりにくい!と感じる点が、無料体験の罠と言えるでしょう。

\\アカウント情報を今すぐチェック//

ープライムのアカウントサービスはこちらからー

4つ目の罠 無料期間に関する認識の違い

無料期間に関する認識の違い

最後に紹介する無料体験の罠と言われる原因は、無料会員に対する認識の違いです。

しゅん

無料体験と聞くと、無料で利用できる!という印象を持つ方が多いです。

そのため無料体験だけならお金がかからず、料金が請求されることはない!というイメージを持っている人がいます。

しかしアマゾンプライムの場合は、無料体験期間が終了すると自動的に有料になります。

しゅん

このように、「無料体験」という言葉の印象やサービスに対する認識が不足していると、意図しない請求に驚く人がいる点が罠と言えるでしょう。

\\30日間無料キャンペーン実施中//

ー今だけ!限定キャンペーンを見てみるー

Amazonプライムの会費が勝手に引き落とされるのを回避する方法【更新設定を解除しよう】

プライム会員の料金

次にAmazonプライムの無料体験から勝手に自動移行しない方法を紹介します。

しゅん

Amazonプライムに無料体験から有料会員に移行を防ぐために、3つのポイントを押さえましょう。

有料会員に移行するのを防ぐ方法
  • 無料体験を開始した日付を確認しよう
  • 有料会員の移行を防ぐためにアラートを設定しよう
  • 自動更新設定を解除しよう
  • 会員資格を解除しよう

順番い紹介します。

ポイント① 無料体験を開始した日付を確認しよう

無料体験を開始した日付を確認しよう

まず最初に確認すべきは無料体験を開始した日付の確認です。

しゅん

無料体験を開始した日付を理解しておけば、有料会員に移行するのを防ぐことが可能になります。

日付を確認するには、AmazonのHPからも確認できますし、無料体験のお知らせメールにも記載されています。

具体的には、Amazon公式ページのアカウント⇒プライムメンバーシップから加入日のチェックを行うことが可能です。

Amazonプライムの会員資格更新日の画像
しゅん

このように無料体験の加入日を確認すると、請求があった後に後悔することは無いと思います。

\\アカウント情報を今すぐチェック//

ープライムのアカウントサービスはこちらからー

ポイント② 有料会員の移行を防ぐためにアラートを設定しよう

有料会員の移行を防ぐためにアラートを設定しよう

次に行うべきはアラートの設定です。

しゅん

利用しているスマホのカレンダーに予定を登録することで、忘れていても有料会員に移行を防ぐことが可能です。

またAmazonでも有料会員の請求がある三日前にメールで通知するサービスを行っています。

この設定もAmazon公式ページのアカウント⇒プライムメンバーシップからクリック1つで設定することが可能です。

Amazonプライムの更新前のメール通知の設定
しゅん

このような通知設定をしておくと、プライム会員が更新される直前に下記のようなメールが配信されます。

プライム会費請求前のお知らせメール
しゅん

忘れないためにお知らせメールでアラートの設定をしておくのがおすすめです。

\\アカウント情報を今すぐチェック//

ープライムのアカウントサービスはこちらからー

ポイント③ 自動更新設定を解除しよう

自動更新設定を解除しよう

最後にすべきは、自動更新の解除設定です。

しゅん

無料体験に登録した後に自動更新の解除設定をしておくと、課金されることはありません。

そのため無料体験後に引き落としされたくない人は、自動更新の解除設定をしましょう。

自動更新の解除設定は、Amazon公式ページのアカウント⇒プライムメンバーシップから行うことが可能です。

Amazonプライム会員の資格情報
しゅん

プライムという項目の中に会員情報を更新し、プライムをキャンセルするというリンクがあります。

Amazonプライムのキャンセル画面
しゅん

この中でプライム会員資格を終了し、特典を止めるというボタンを押すと、解約することができます。

この操作をすると、すぐにプライム会員の利用が停止されるという印象を受けますが、すぐに終了する訳ではありません。

そのため絶対に有料会員に移行したくない人は、最初に設定しておくと良いでしょう。

\\アカウント情報を今すぐチェック//

ープライムのアカウントサービスはこちらからー

ポイント④ Amazonプライムの会員資格を止める方法

次にAmazonプライム会費の500円や4900円を勝手に引き落としさせない方法を紹介します。

しゅん

まずはAmazon公式サイト上から、会員資格の状況を確認しましょう。

Amazonプライム会員の資格情報

プライムと記載されたボタンをクリックしましょう

しゅん

アマゾンプライムの会員資格が継続していると、更新日が表示されています。

Amazonプライムの会員資格更新日の画像

このように会員資格の更新日が分かります。

しゅん

Amazonプライムを解約する場合は、プライム会員情報という項目の一番下にある”プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める”という項目をクリックします。

アマゾンプライムの会員資格を終了する方法
しゅん

このボタンを押しただけで解約するのではなく、もう一度確認画面が表示されます。

Amazonプライムの解約確認画面
しゅん

この中の特典と会員資格を終了というぼんたんを押すと、解約手続きは終了です。

これで勝手に引き落とされることがなくなります。

また退会案内ページでは詳しく紹介されているので、この案内を確認してみても良いでしょう。

\\アカウント情報を今すぐチェック//

ープライムのアカウントサービスはこちらからー

アマゾンプライム会費を勝手に引き落とされた時の対処法【返金される場合あり】

アマゾンプライム会費を勝手に引き落とされた時の対処法【返金される場合あり】

次にアマゾンプライムから会費の引き落とされた場合の対処法を紹介します。

しゅん

アマゾンプライムは会費が勝手に引き落とされた場合でも、返金される場合があります。

と言うのも、Amazonのヘルプページには下記のような記載があります。

特典を利用されていない有料会員の方は、現在の会員期間中の会費の全額返金を受けられます。この返金は、2~3営業日以内に処理されます。

Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける

このような記載があるため、勝手に引き落とされた時にプライム会員特典を利用していない場合は、返金されると考えて良いでしょう。

しゅん

一方で、会員特典を利用していた場合は、勝手に引き落とされた場合でも支払いが必要な場合があります。

ヘルプページを確認しても、細則には返金について明示がないため、まずはカスタマーサービスに連絡してみるのが一番です。

状況によってAmazonの対応も変わってくるハズなので、まずはカスタマーサービスに連絡するのが良いでしょう。

\\アマゾンプライム会員//

ーAmazon公式の退会案内ページを見てみるー

Amazonプライムを無料体験する前に知っておきたい注意点【Q&A】

Amazonプライムを無料体験する前に知っておきたい注意点【Q&A】

最後にAmazonプライムで無料体験する前に知っておきたい注意点を解説していきます。

しゅん

簡潔にQ&A形式で紹介します。

amazonプライム無料体験解約できない理由は?

無料体験している最中に解約できない仕様になっています。

そのため、先ほど紹介した自動更新しない設定をしておくと良いでしょう。

無料体験するときの注意点はある?

クレジットカードなどの情報を入力する必要があります。

無料体験期間を確認するにはどうしたらいい?

アカウント設定のプライム会員情報「年会費の請求日」の項目から確認することができます。

不安ならメール通知設定を行なっておくと良いでしょう。

まとめ

Amazonプライムの無料体験の罠とは巧妙な詐欺?自動移行しない方法や解約できない時の対処法をまとめました。

しゅん

Amazonプライムで無料体験の罠と言われるのは、無料体験終了後に有料会員プランに自動的にアップデートされる点です。

手続きなしで有料会員プランに移行するので、気が付かないまま請求されたりする点が罠と言われる理由です。

そのため無料体験期間中に、自動移行しないように事前にアカウントから設定すると良いでしょう。

しゅん

このようにAmazonプライムの無料体験は、罠があるとも言われますが、実際に使ってみるとおトクな部分も多いです。

Amazonプライムを使ってよかったこと
  • 利用できる特典の数が多くて、加入して損はない
  • プライム・ビデオは価格を考えると充実している
  • 一大セールのプライムデーに参加できる
  • お急ぎ便などの送料が無料になる
しゅん

Amazonプライムの無料体験には、自動で有料会員プランに移行する罠がある点には注意が必要です。

しかしその点にだけ注意すれば、Amazonプライムはメリットが多いサブスクだと思います。

是非参考にしてみてくださいね!

\\アカウント情報を今すぐチェック//

ープライムのアカウントサービスはこちらからー

目次(タップで移動できます)