iPhoneにバンパーは意味ない?【実際に使って分かったメリットやデメリットを考察】

本記事にはPRが含まれます
iPhoneにバンパーは意味ない?【実際に使って分かったメリットやデメリットを考察】

この記事はiPhoneにバンパーは意味ないのか?実際に使って分かったメリットやデメリットを考察している記事です。

悩む人

バンパーって、かさばるだけで意味がないんじゃない?バンパーって、どんな種類があるの?どれを選べばいいか分からない…

という疑問に答えます。

iPhoneを大切にしたいけど、保護ケースではなくバンパーでiPhoneを守れるのか?疑問を感じていませんか?

しゅん

僕自身、iPhoneはケースなどを付けない方が見た目が良いと感じますが、その一方で落とした時の破損が心配だったり、傷がつくのが嫌!ってジレンマを感じる時があります。

そこでこの記事では、iPhoneにバンパーを取り付けるのはどうなのか?使用感や汚れなどiPhoneを傷つける心配はないのか?実際に試してみました。

バンパーのメリット・デメリットはもちろん、ケースとの違いや実際に使った感想まで、徹底的に解説します。

しゅん

実際に使ってみないと分からない、iPhoneにバンパーを取り付けたメリットとデメリットが知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

そもそもバンパーとは?

そもそもバンパーとは?【その特徴と種類、iPhoneにつけるメリット・デメリットを徹底解説】

そもそもバンパーとは、iPhoneの側面を保護するためのアクセサリーです。

しゅん

デバイスの四隅と側面を囲むことで、落下時の直接的な衝撃からiPhoneを守ることに特化したケースです。

ケースとは異なり、背面は覆わず、iPhoneのデザインを活かしながら、落下時の衝撃から守る役割を果たします。

バンパーと全面保護ケース

基本的な保護に関する考え方がケースとバンパーでは違いがあるので、どちらを使うべきか?は用途によって選ぶと良いでしょう。

しゅん

ではケースとは違う特徴のあるバンパーにはどんなメリットがあるのか?具体的に解説していきます。

iPhoneバンパーの基本的な役割や特徴とは?

iPhoneバンパーの基本的な役割や特徴とは?

iPhoneバンパーの根本的な役割は、デバイスの四隅と側面を囲むことで、落下時の直接的な衝撃からiPhoneを守ることにあります。

しゅん

バンパーは、iPhoneの美しいデザインを損なわず、かつ軽量で持ち運びやすい形状のため人気があります。

また、バンパーの一部は、高さを調整してデバイスの落下時でも画面や背面が直接地面に触れないよう設計されており、これにより本体を保護できるように作られています。

実際に「ロフトベッドの上からiPhoneを落としてしまったが、例のめっちゃ頑丈なバンパーのおかげで無傷だった」という体験談もあり、バンパーの保護機能が実際に効果を発揮するケースも多く存在します。

しゅん

このようにiPhoneのバンパーは、そのシンプルなデザインからは想像できないほどの保護機能を持ち合わせているものがあります。

バンパーの種類や形状の違いとは?

このようにシンプルなデザインなのにiPhoneを保護するバンパーですが、素材によって様々な種類があります。

しゅん

主なバンパーの種類は以下の通りです。

\\バンパーの種類//

素材特徴メリットデメリット
金属製
(アルミニウム、チタンなど)
高い耐久性、高級感衝撃に強い
スタイリッシュ
重量がある
電波干渉の可能性
樹脂製
(ポリカーボネート、TPUなど)
軽量、柔軟性、
豊富なカラーバリエーション
衝撃吸収性が高い、
デザインが豊富
耐久性が
低い場合がある
シリコン製柔らかく手触りが良い、
滑りにくい
グリップ感が良い、
着脱が簡単
汚れやすい、
耐久性が低い
天然素材
(木材、革など)
個性的、
温かみのあるデザイン
ユニークなデザイン、
経年変化を楽しめる
高価な場合がある、
耐久性が低い場合がある
しゅん

基本的には樹脂製のバンパーの種類が多いですが、高級なバンパーにはアルミニウムやチタンなどを利用したバンパーも販売されています。

このように存在だけでも複数の種類がありますが、その形状にも様々な種類があります。

\\主なバンパーの形状//

形状特徴
フレーム型バンパーiPhoneの側面全体を覆うフレーム状。
最も一般的な形状で、保護範囲が広い。
コーナー型バンパーiPhoneの四隅を保護する。
コンパクトで軽量だが、保護範囲は狭い。
ハイブリッド型バンパー異なる素材を組み合わせたもの。
それぞれの素材のメリットを活かした設計。

このように一言でバンパーと言っても様々な種類があり、自分の好みによって選べる点が特徴です。

メリットとデメリット

バンパーのメリットデメリット

次にiPhoneでバンパーを使うメリットとデメリットを解説していきます。

しゅん

僕自身が使って感じるメリットとデメリットは下記の通りです。

メリットデメリット
iPhoneのデザインを活かせる
軽量でコンパクト
側面からの衝撃を吸収できる
サイドボタンやコネクタが使いやすい
背面は保護しない(保護するには別途フィルムが必要)
単純に保護性能はケースに劣る
ケースと比較して選択肢が少なめ

このようにiPhoneバンパーは、iPhoneのデザインを活かしながら、側面からの衝撃を保護したい方におすすめのアクセサリーです。

しゅん

ただし、背面保護したい場合は別途フィルムが必要で、ケースに比べ保護性能は劣ります。

他にも保護ケースと比較すると選べるバンパーの数は少なめという点もデメリットに感じます。

しかしiPhoneのデザインを活かしたい場合はにバンパーは非常に良い選択肢だと思います。

SNSで見かける「iPhoneのバンパー、意味ない?」の声

iPhoneについた画面のキズ
iPhoneについたの画面のキズ

SNS上では、「iPhoneケースを変えたけど、バンパー全く意味ない。もろ画面で着地するやつ」というような投稿を目にすることがあります。

しゅん

このような声は、ユーザーが実際に体験した結果から来ているもので、バンパーの保護能力に対する疑問や不満が反映されています。

確かにバンパーは端末の端(側面のみ)を覆うものであり、画面や背面の直接的な保護は期待できないものの、落下時の衝撃を緩和し、本体へのダメージを軽減する役割を持っています。

またバンパーの側面が盛り上がっていて、直接液晶画面や背面が地面に触れないように設計されているものもあります。

しゅん

僕自身もこのような評判や口コミに不安がありましたが、実際に使わないと分からない!ということで試してみることにしました。

iPhoneにバンパーは本当に意味ない?【ケースとの比較から考える】

このようにiPhoneの保護ケースとして、バンパーはメリットやデメリットが存在します。

しゅん

「iPhoneバンパー、本当に必要なの?って疑問に思うのも当然です。

実際、iPhoneは年々耐久性が向上しており、ケースで十分という意見もよく聞きます。

というのもバンパーに対して否定的な意見としては下記のようなものがあります。

バンパーは意味ないと感じる人の意見
  1. iPhoneの耐衝撃性の向上⇒近年のiPhoneはCeramic Shieldなどの素材を採用し、落下時の衝撃に強くなっています。そのため、「バンパー無しでも十分」と考える人が増えています。
  2. ケースで十分という意見⇒背面も保護できるケースの方が安心感があり、バンパーは不要と考える人もいる。
  3. バンパーのデメリット⇒バンパーは、ケースに比べて保護範囲が狭く、期待したほどの保護力を得られないこともある。これらのデメリットから、バンパーの必要性に疑問を持つ人もいるで。

では実際にケースとバンパーではどのような違いがあるのか?深掘りしていきます。

ケースとバンパーを徹底比較

ケースとバンパーは、保護力だけでなくデザイン性やサイズ感などでも大きな違いがあります。

しゅん

詳しく一覧にまとめると、下記のようになります。

\\ケースとバンパーを比較//

特徴ケースバンパー
保護範囲背面も含めた全体側面のみ
デザイン性デザインを隠す場合が多いが、透明なケースもあるiPhoneのデザインを活かせる
サイズ・重量バンパーより大きい・重いケースより小さい・軽い
ワイヤレス充電への影響ケースの種類による
(MagSafe対応ケースは影響なし)
バンパーの種類による
(金属製は影響が出る可能性)
その他機能カード収納、スタンド機能などストラップホールが
付いているものもある
価格1,000円〜10,000円程度1,000円〜5,000円程度
メリット全方位の保護、多機能軽量、デザイン性、ボタン操作性
デメリットサイズが大きめ
デザインを隠す場合がある
背面は保護できない

ケースは、iPhoneの背面と側面を全体的に保護する一方、バンパーは側面のみを保護し、背面は露出したままです。

しゅん

そのため、背面を保護したい場合は、バンパーと保護フィルムを併用する必要があります。

またケースは、iPhoneのデザインを覆い隠してしまうものが多いですが、バンパーはiPhoneの背面を覆わないため、iPhoneのデザインをそのまま楽しむことができます。

他にもケースはバンパーよりもサイズが大きく、重くなりますが、バンパーは軽量でコンパクトなため、ポケットやバッグに入れてもかさばりにくく、iPhone本来の持ちやすさを損ないません。

しゅん

このようにケースとバンパーでは保護性能だけでなく、見た目や使い勝手でも大きな違いがあります。

どちらを選んでも間違いではありませんが、自分の使い方に合わせると失敗は少なくなるでしょう。

実際にバンパーでiPhoneを使って分かったこと

iPhoneにバンパーは意味ない?【実際に使って分かったデメリット】

では具体的にiPhoneにバンパーは意味ないのか?実際に使って分かったポイントについてついて紹介していきます。

しゅん

僕自身が実際に使って感じたメリットやデメリットは下記の通りです。

メリットデメリット
iPhoneのデザインを最大限に活かせる
四隅の部分に厚みがあり落下時の保護力もある
ケースと比較して放熱効果に優れている
MagSafeを使っても落下などの心配が少ない
画面と背面の露出傷つきやすさはある
音量ボタンの押しにくさなど操作性への影響がある
iPhoneのサイズが一回り大きくなる
デザインや材質の選択肢が少なめ

順番に解説します。

iPhoneのデザインを最大限に活かせる

バンパーはiPhoneのデザインを最大限に活かせる

iPhoneにバンパーを取り付ける一番のメリットは、iPhoneのデザインを活かせる点です。

しゅん

僕自身、iPhoneはデザインが優れていて、できる限りそのおしゃれさを損なわないで使いたい!と思っていますが、この美しさを損ないたくないと!と考えている人も多いはずです。

バンパーは、フレーム部分のみをカバーするため、iPhone本体のカラーリングやロゴ、薄さといった特徴をそのままに、デザインの魅力を存分に引き出します。

たとえば、特にiPhone 15シリーズやiPhone SEシリーズのように、色鮮やかなカラーバリエーションで展開されているモデルでは、バンパーを使用することで、その美しい外観を保ちながら保護することが可能です。

しゅん

透明なケースを利用してもデザイン製が損なわれる場合が多いので、iPhoneのデザインを活かしたい場合は、バンパー一択と言って良いでしょう。

四隅の部分に厚みがあり落下時の保護力もある

四隅の部分に厚みがあり落下時の保護力もある

また最近のバンパーは、落下時の衝撃を吸収する機能が向上しています。

しゅん

僕の購入したバンパーは、四隅の部分に衝撃吸収材を使用していて、地面に落ちた際のダメージを軽減し、iPhoneをしっかりと保護します。

また四隅の部分に出っ張りがあるので、本体の部分だけでなくカメラの部分も直接触れないように設計されています。

最近のiPhoneはカメラの部分が張り出していることが多く、落下した時にカメラが破損するリスクも高いです。

しゅん

このようにiPhoneのバンパーは落下時の衝撃吸収はケースには劣りますが、保護力は十分にああります。

このように、デザインだけでなく、実用性においてもバンパーは大きなメリットがあります。

ケースと比較して放熱効果に優れている

バンパーと全面保護ケース

またバンパーは保護する部分が少ないため、ケースと比較して放熱効果に優れています。

しゅん

iPhoneの発熱が続くと、操作が遅くなったり、ひどい場合は故障の原因になってしまいます。

特に長時間のゲームや動画視聴といったヘビーな使用時には、本体の熱が問題となることがあります。

その点でバンパーはiPhoneの背面を覆わないため、熱が本体から逃げやすくなり、長時間使用する方や、特に夏場の高温時においても性能が低下しない点がメリットです。

しゅん

バンパーが空気の流れを妨げない設計になっているため、内部温度の上昇を抑えることができます。

このようにiPhoneの熱対策としてバンパーは、ケースと比較すると大きく優れていると言えます。

MagSafeを使っても落下などの心配が少ない

またバンパーの場合は、MagSafeを使うときでもストレス無く使える点がメリットです。

しゅん

ケースを利用した場合、MagSafeの磁石がしっかりくっつかず、落下してしまう場合があります。

例えば、僕が利用している充電スタンドで、MagSafeに対応していないケースを利用ていたときは、よく落下して充電ができていない!という場合が多かったです。

最近はMagSafeを利用したカードケースなど、貴重品も入れられる場合もあり、MagSafeがしっかり張り付かないと不安が残ります。

しゅん

その点でバンパーの場合はiPhoneの背面が裸の状態なので、落下の可能性が低くなります。

このようにMagSafeを安心して使える点がメリットです。

画面と背面の露出による傷つきやすさは実際ある

画面と背面の露出による傷つきやすさは実際ある

iPhoneにバンパーの取り付けることを考えている人にとって、傷つきやすさは一番気になるポイントだと思います。

しゅん

実際に利用してみると、確かに画面と背面に関して、全面を保護するカバーと比較すると、傷つきやすい部分はあります。

というのもバンパーはiPhoneのサイド(側面)を保護する設計のため、直接的な衝撃からは守れますが、画面や背面の擦り傷からは保護しきれません。

例えば、鍵や小銭が入ったバッグの中でiPhoneを運んでいる際、画面や背面に細かい傷がつく可能性が高まり、この点は、フルカバー型のケースに比べて明らかにデメリットと言えます。

しゅん

液晶画面については、保護フィルムを利用することでそのデメリットを回避することができます。

フィルムに関しては、品質が高く貼り付けも簡単なNIMASOの保護フィルムを使うと間違い無いでしょう。

しゅん

品質が良く透明度が高いので、取り付けていても違和感がありません。

また取り付けの際のツールキットが充実していて、安心して取り付けることができます。

しゅん

保護フィルムを貼り付けるだけで、液晶画面にキズをつける可能性が大きく減ります。

また背面の部分は、液晶画面よりキズが付きにくいので、そこまで心配する必要はないと思いますし、心配な場合はバンパーは使わない方が良いでしょう。

このようにバンパーの場合、画面や背面の傷つきやすさは実感している部分ですが、保護フィルムを併用することで、デメリットは解消できるかな?と思います。

音量ボタンの押しにくさなど操作性への影響がある

音量ボタンの押しにくさなど操作性への影響がある

またバンパーの場合、音量ボタンの押しにくさなど、操作性への影響は感じます。

しゅん

バンパーは、側面だけを保護する設計上、ケースなどと比較すると厚みがある商品が多いです。

そのため、音量ボタンや電源ボタンなどが押しにくくなるデメリットを感じました。

特にバンパーによってはボタンの反応が悪くなり、日常的な操作にストレスを感じることが増える可能性があります。

しゅん

さらにバンパーの厚みや形状が原因で、アクセサリーのコネクタが端末のポートにうまく差し込めなくな可能性もあります。

もちろん全面を保護するケースも、耐衝撃性が強い商品ほどボタンが押しにくくなるデメリットがあります。

しかしバンパーは比較的側面のサイズが大きな商品が多いので、ボタンを使う機会が多い人は注意した方が良いかも知れません。

iPhoneのサイズが一回り大きくなる

iPhoneのサイズが一回り大きくなる

またバンパーを取り付けると、何も取り付けない状態よりもサイズが一回り大きくなります。

しゅん

サイドの部分が5mm程度大きくなるため、持ったときは思った以上にサイズ感が大きくなった印象があります。

特にサイズの大きなMax系のiPhoneでは、よりサイズの大きな印象が強くなる可能性があります。

もちろん背面の部分はiPhone本体を直接触れるので、手に持った時のホールド感は高いです。

しゅん

手のサイズが大きい人はあまり気にならないかも知れませんが、サイズが、iPhoneが一回り大きくなる点は理解しておいた方が良いでしょう。

デザインや材質の選択肢が少なめ

デザインや材質の選択肢が少なめ

また、バンパーのデザインと材質の選択肢は意外と限られています。

しゅん

普通のケースと比較して、バンパーはどちらかというとマイナーな商品です。

しかもバンパーは比較的シンプルな構造をしているため、個性を出しにくいという特徴もあります。

材質に関しても、主に硬質プラスチックや金属が使用されており、手触りや見た目で多様性を求めるユーザーには物足りなさを感じさせるかもしれません。

しゅん

iPhone自体の美しさを強調できる反面、バンパー自体は個性を出すことは難しいです。

素材の種類によっては価格が高めになる

素材の種類によっては価格が高めになる

最後に、バンパーの価格に関しても考える必要があります。

しゅん

バンパーはそのシンプルな構造にもかかわらず、高品質な素材やデザイン性を追求した結果、価格が高めに設定されているものが少なくありません。

僕が購入したYMXPYのバンパーは比較的価格が手頃で、2,000円程度で購入することができます。

しかし特定のブランドから発売されているアルミニウム製のバンパーは、数千円から数万円と幅広い価格帯で販売されています。

しゅん

同価格帯であれば、より高度な保護機能を備えたケースも購入できてしまいます。

このようにコストパフォーマンスを重視するユーザーなら、バンパーより普通のケースを購入した方が、選択肢も多くより満足度が高くなるかも知れません。

順番に解説します。

iPhoneのバンパーがおすすめなのはどんな人?

このようにiPhoneにバンパーを取り付ける意味はあると思います。

しゅん

ではバンパーはどんな人におすすめなのか?例えば下記のような人に特におすすめできます。

バンパーがおすすめの人
  • 長時間ゲームや動画を楽しむ方
  • コンパクトさと軽さを求める方
  • iPhoneのデザインを愛する方

順番に解説します。

長時間ゲームや動画を楽しむ方

長時間のゲームや動画をiPhoneで楽しんでいる人は、バンパーが押すススメです。

しゅん

長時間のゲームや動画視聴はiPhoneが発熱してしまう問題があります。

密閉タイプのケースは、iPhoneの放熱を妨げがちですが、バンパー型のケースは端末の側面を保護しつつ背面と画面の大部分を露出させるため、熱が外に逃げやすい構造になっています。

このため、長時間のゲームプレイや動画視聴が多い方でもiPhoneにダメージを与えることなく利用することが可能です。

しゅん

このように発熱するような長時間のゲームや動画視聴が多い方に、放熱効果に優れたバンパーは特におすすめです。

コンパクトさと軽さを求める方

iPhoneにケースを取り付けると、どうしても重量やサイズ感が大きくなるデメリットがあります。

しゅん

このiPhoneの魅力をそのまま生かしつつ、保護機能を加えたいと考えるユーザーにとって、バンパーは最適な選択肢です。

バンパーは端末の側面のみを覆うため、追加の重さや厚みが最小限に抑えられる点がメリットです。

また日常の使用感を損なわず手軽に持ち運びが可能で、長時間の使用においても、追加の重さによる疲れを軽減してくれます。

しゅん

このようにケースを利用するとサイズ感や重量感が変わるのが嫌!という人はバンパーを試してみると良いでしょう。

iPhoneのデザインを愛する方

またiPhoneのデザインが気に入っている人にもバンパーがおすすめです。

しゅん

僕のようにiPhoneを選ぶ理由がその美しいデザインで、Appleは細部にわたってこだわりを持ってるカラーリングやロゴ、端末の形状にある場合は特におすすめです。

このためiPhoneの美しいデザインを保護しつつ最大限に生かしたいと考えるユーザーにバンパーは特に相性が良いでしょう。

またバンパーを選ぶ際には、iPhoneのカラーに合わせたり、デザイン性を重視したりすることで、より個性を表現することが可能です。

しゅん

iPhoneのデザインを楽しみたい!できる限り隠したくない!という方にとって、バンパーはまさに理想的な選択と言えるでしょう。

まとめ

iPhoneにバンパーは意味ないのか?実際に使って分かったメリットやデメリットを紹介しました。

しゅん

iPhoneのデザインを損いたくない!できる限りそのままの状態で使いたい!という方にバンパーは非常におすすめです。

今回は、実際にYMXPYというメーカーのiPhoneに外側の枠の部分だけを保護するバンパーケースを実際に試してみました。

使って分かったバンパーのメリット
  • iPhoneのデザインを最大限に活かせる
  • 四隅の部分に厚みがあり落下時の保護力もある
  • ケースと比較して放熱効果に優れている
  • MagSafeを使っても落下などの心配が少ない

実際に利用してみると、デザインの美しさを損なわず、全面保護のケースと比較すると保護力は劣りますが、十分に実用的です。

また放熱効果に優れていて、MagSafeも使いやすいメリットがあります。

しゅん

一方で、iPhoneのバンパーは意味ない!と言われる点は一部あっていて、デメリットは存在します。

使って分かったバンパーのデメリット
  • 画面と背面の露出による傷つきやすさは実際ある
  • 音量ボタンの押しにくさなど操作性への影響がある
  • iPhoneのサイズが一回り大きくなる
  • デザインや材質の選択肢が少なめ
しゅん

iPhoneのバンパーは角を保護する効果はありますが、画面や背面を保護する効果も欲しい場合は、バンパーとスクリーンプロテクターや背面ケースを併用することをおすすめします。

このようにメリットとデメリットを踏まえた上で、バンパーを選ぶと満足度が上がると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)