アップルケアは入るべきか?【結局不要で無駄だった!って後悔しないためのメリット・デメリットを徹底比較】

本記事にはPRが含まれます
アップルケアは入るべきか?【結局不要で無駄だった!って後悔しないためのメリット・デメリットを徹底比較】

この記事は、アップルケア(AppleCare+)は必要?入るべきか?を徹底検証している記事です。

悩む人

アップルケアってそれなりの金額がするし、必要なの?入るべきなの?って悩むんだけど、どうすればいいのかな?

と言う悩みに答えます。

Apple製品を購入すると、アップルケアに加入するかどうか?って結構悩みますよね!

しゅん

僕自身、新しいApple製品を購入する時はいつも迷っていましたが、自分なりの結論を出すことが出来ました。

そこでこの記事では、アップルケアって必要?入るべき?を解説しつつ、いらないと思う人も入るべき保険について解説します。

アップルケアは必要?入るべき?と迷っている人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

アップルケアは必要か?【結局不要で無駄だった!って後悔しないための考え方】

MacBook Airの画面修理をしてみた体験談まとめ【Appleの配送修理なら非常に手軽】

そもそもアップルケアは、Apple製品の故障や紛失に備える保険サービスです。

しゅん

個人的にはアップルケアは、無理に加入する必要は無いと考えています。

と言うのも、今までiPhoneやMacBookなどを何度も買い替えていますが、利用したことがあるのは、MacBook Airの故障で1度利用した時だけです。

MacBook Airの画面に出てしまった縦線

この修理自体は購入後1年以内だったので、アップルケアの有無に関わらず無料で修理してくれました。

しゅん

個人的にはアップルケアを利用したのはこの一度きりで、アップルケアに登録しなくても良いのかな?と感じています。

しかもアップルケアの必要性を判断する際には、以下の3つの要素を考慮する必要があります。

  • アップル製品の使用頻度
  • 保険にかける予算
  • 故障や落下した際のリスク許容度

順番に掘り下げて解説します。

関連記事

下記の記事では、MacBook Airの画面故障路配送修理で直してみた体験談をまとめています。

関連記事MacBook Airの画面故障を配送修理で直してみた【手順や費用、集荷のスピードまでを徹底解説】

アップル製品の使用頻度

アップル製品を頻繁に使用する場合は、アップルケアに入るメリットが大きくなります。

しゅん

iPhoneやiPadなど、アップル製品を頻繁に使用したり持ち運ぶ機会が多いほど、故障や紛失のリスクが高くなるからです。

また、保険に加入していなかった時の、修理や交換の費用も高額になる可能性があります。

アップルケアに入ることで、これらのリスクを軽減することができます。

保険にかける予算

アップルケアは、Apple製品の価格に比べると割高です。

しゅん

そのためアップルケアに入るには、保険にかける予算を考える必要があります。

アップルケアの保険料は、Apple製品の種類や購入時期によって異なりますが、大まかに言うとApple製品の購入価格の約10%程度です。

2024年4月26日時点で主要なApple製品のアップルケア保険料をまとめると、下記のようになります。

機種AppleCare+
一括払い
AppleCare+
月額払い
iPhone 15 Pro31,800円1,580円
iPhone 15 Plus28,800円1,380円
iPhone 1523,800円1,180円
iPhone 14 Pro Max36,800円1,840円
iPhone 14 Pro31,800円1,580円
iPhone 14 Plus28,800円1,380円
iPhone 1423,800円1,180円
iPhone 13 Pro Max33,800円1,690円
iPhone 13 Pro28,800円1,440円
iPhone 13 Plus25,800円1,290円
iPhone 1320,800円1,040円
Apple Watch Series 8 (41mm)12,800円640円
Apple Watch Series 8 (45mm)14,800円740円
Apple Watch SE (第3世代) (41mm)9,800円490円
Apple Watch SE (第3世代) (45mm)11,800円590円
MacBook Air (M2, 2022)36,800円1,840円
MacBook Pro (13インチ, M2, 2022)36,800円1,840円
*月額払いの場合、24回分の分割払い
  • 上記はあくまでも標準的なプランの料金です。
  • 過去のモデルや、ストレージ容量の異なるモデルについては、料金が異なる場合があります。
  • 最新の情報については、Apple公式サイト(https://support.apple.com/)で確認してください。
しゅん

アップルケアに入るためには、この保険料を支払う必要があります。

アップルケアは比較的金額が高いので、この金額を支払うなら、保護フィルムやケースを利用した方がお得になるケースも考えられます。

このようにアップルケアは、保険にかける費用も十分に考える必要があります。

関連記事

下記の記事では、iPhoneはフィルム無しでも大丈夫なのか?実際に貼って検証しています。

関連記事iPhoneはフィルム無しでも大丈夫? 【保護にガラスフィルムはいらない?必要?実際に貼ってみた】

故障や落下した際のリスク許容度

アップル製品の故障や紛失のリスクを自分で負担できるかどうかも、アップルケアに入るかどうかの判断材料となります。

しゅん

アップル製品の故障や紛失のリスクを自分で負担できる場合は、アップルケアに入る必要はありません。

しかし大まかにまとめると、下記のような修理代金が必要になります。

機種修理内容AppleCare+ 加入時AppleCare+ 未加入時
Macバッテリー交換無償19,800円~
ディスプレイ修理36,800円~64,800円~
その他修理12,800円~36,800円~
iPadバッテリー交換無償9,800円~
ディスプレイ修理28,800円~48,800円~
その他修理12,800円~36,800円~
iPhoneバッテリー交換無償9,800円~
ディスプレイ修理機種により異なる
(3,700円~)
機種により異なる
(23,800円~)
その他修理機種により異なる
(12,800円~)
機種により異なる
(36,800円~)
Apple Watchバッテリー交換無償9,800円
ディスプレイ修理機種により異なる
(11,800円~)
機種により異なる
(24,800円~)
その他修理12,800円36,800円
  • 上記はあくまでも一般的な修理代金の目安です。
  • AppleCare+加入時の自己負担額は、修理内容や機種によって異なります。
  • 最新の情報については、Apple公式サイト(https://support.apple.com/)で確認してください。
しゅん

このように実際に修理を行うとした場合、アップルケアの金額と同程度、もしくはそれ以上の金額が必要になる場合があります。

アップルケアに入ることで、故障や紛失のリスクを軽減することができますが、保険料を支払う必要があります。

このように予算やリスク許容度を考慮して、アップルケアに入るかどうかを判断すると良いでしょう。

結局不要で無駄だった!って後悔しないためのメリットとデメリット

次に改めてアップルケアのメリットとデメリットをおさらいしていきましょう。

しゅん

アップルケアについてまとめると下記のようになります。

メリットデメリット
故障や紛失の際に、修理や交換が受けられる
修理や交換の費用が安くなる
保証期間が長くなる
保険料がかかる
故障や紛失の確率は低い
補償対象外となる場合がある

順番に解説します。

メリット① 故障や紛失の際に、修理や交換が受けられる

アップルケアには、故障や紛失の際に、修理や交換が受けられるというメリットがあります。

しゅん

修理や交換は、アップルストアや正規サービスプロバイダでを受けることが可能です。

僕自身、アップルのサポートを受けて修理を行った経験がありますが、SMSでの対応は非常に丁寧でした。

また修理センターに到着後、当日中に返送してくれたと言うスピード感も安心できます。

しゅん

このように補償を利用するときに安心して使える点はメリットです。

メリット② 修理や交換の費用が安くなる

また修理費用の安さもメリットn1つです。

しゅん

アップルケアで修理や交換を受ける場合、保険料を支払う必要がありますが、保険料を支払わなくても修理や交換を受けることはできます。

ただし、保険料を支払わない場合、修理や交換の費用は高額になる可能性があります。

修理費用の目安
機種修理内容AppleCare+ 加入時AppleCare+ 未加入時
Macバッテリー交換無償19,800円~
ディスプレイ修理36,800円~64,800円~
その他修理12,800円~36,800円~
iPadバッテリー交換無償9,800円~
ディスプレイ修理28,800円~48,800円~
その他修理12,800円~36,800円~
iPhoneバッテリー交換無償9,800円~
ディスプレイ修理機種により異なる
(3,700円~)
機種により異なる
(23,800円~)
その他修理機種により異なる
(12,800円~)
機種により異なる
(36,800円~)
Apple Watchバッテリー交換無償9,800円
ディスプレイ修理機種により異なる
(11,800円~)
機種により異なる
(24,800円~)
その他修理12,800円36,800円

アップルケアで修理や交換を受ける場合、保険料を支払った分の費用が修理や交換の費用から差し引かれるため、修理や交換の費用が安くなります。

しゅん

このように万が一の際の費用が安くなるのはメリットと言えます。

メリット③ 保証期間が長くなる

アップルケアには、保証期間が長くなるというメリットがあります。

しゅん

アップル製品の標準保証期間は1年間ですが、アップルケアを購入すると、保証期間が2年間に延長されます。

最近はiPhoneやiPadなど長い期間にわたって利用することも多くなりました。

その点で、保証期間が長くなることで、故障や紛失の際に、修理や交換を受けられる期間が長くなる点は大きな安心感と言えます。

しゅん

このように長期間使う場合でも保証期間が伸びる点はメリットです。

デメリット① 保険料がかかる

一方でアップルケアにはデメリットもあります。

しゅん

一番のデメリットは保険料が必要な部分です。

アップルケアの保険料は、製品の種類や購入時期によって異なりますが、金額的には高めです。

アップルケアの支払い金額の目安
機種AppleCare+
一括払い
AppleCare+
月額払い
iPhone 15 Pro31,800円1,580円
iPhone 15 Plus28,800円1,380円
iPhone 1523,800円1,180円
iPhone 14 Pro Max36,800円1,840円
iPhone 14 Pro31,800円1,580円
iPhone 14 Plus28,800円1,380円
iPhone 1423,800円1,180円
iPhone 13 Pro Max33,800円1,690円
iPhone 13 Pro28,800円1,440円
iPhone 13 Plus25,800円1,290円
iPhone 1320,800円1,040円
Apple Watch Series 8 (41mm)12,800円640円
Apple Watch Series 8 (45mm)14,800円740円
Apple Watch SE (第3世代) (41mm)9,800円490円
Apple Watch SE (第3世代) (45mm)11,800円590円
MacBook Air (M2, 2022)36,800円1,840円
MacBook Pro (13インチ, M2, 2022)36,800円1,840円
*月額払いの場合、24回分の分割払い
しゅん

一度の支払い金額を減らせる月額払いもありますが、支払うことには変わりありません。

このようにアップルケアの保険料は、比較的高めで、補償を使っても使わなくても支払う必要がある点はデメリットに感じます。

デメリット② 故障や紛失の確率は低い

次のデメリットはアップル製品の故障や紛失の確率は低い点です。

しゅん

そもそもアップル製品は、故障や紛失の確率が低いと言われています。

Appleの調査によると、Apple製品の故障率は1%未満とも言われています。

このためアップルケアに加入していても利用する機会はそれほど多くないと言えるでしょう。

しゅん

このように修理する機会がそもそも少ないので、アップルケアに加入する必要は少ないかもしれません。

デメリット③ 補償対象外となる場合がある

アップルケアには、補償対象外となる場合があるというデメリットがあります。

しゅん

アップルケアの補償対象外となる場合としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 故障や紛失が、アップルケアの保証対象外となる場合
  • 故障や紛失が、アップルケアの保証期間を過ぎた場合
  • 故障や紛失が、アップルケアの補償条件を満たさない場合

上記のような場合は補償を利用することができません。

しゅん

せっかくアップルケアに加入していたのに補償が受けられない!と言うケースもあるので、注意が必要です。

MacBook・iPad・iPhoneの保証に悩んだ時の対処法【入るならモバイル保険がおすすめ】

アップルケアは加入するメリットは少ないですが、もしもの時の保証がないのも不安だと思います。

しゅん

実際、保険がない状態でiPhoneなどを破損すると、修理代金が割と高額です。

例えばiPhone 13 miniの場合の修理金額は下記の通りです。

修理内容修理金額
画面が割れた時30,800円
その他の修理(水没など)51,480円
バッテリー交換8,140円
保証対象外の修理費用

このように、修理費用は高額です。

しゅん

アップルケアと同じような保証があり、安い保険に加入するのが良いです。

そんな時におすすめなのがモバイル保険 です。

モバイル保険はさくら少額短期保険株式会社が提供している保険です。

しゅん

保険会社が提供しているので、安心感がありますし、アップルケアよりも以下の部分が優れています。

モバイル保険のメリット
  1. 月額700円で最大10万円まで保証してくれる
  2. 1つの契約で合計で③台まで保証してくれる
  3. 期間が無いので、事実上の永久保証!

このようにアップルケアは不要ですが、もしもの時に備えるならモバイル保険 がおすすめです。

その① 月額700円で最大10万円まで保証してくれるから

まずモバイル保険は、月額700円で年間最大10万円まで保証してくれる点が魅力です。

しゅん

盗難や修理不能の場合でも最大25,000円が保証されます。

加入できるのはiPhoneやiPadなどだけでなく、モバイル端末全体です。

加入できるモバイル端末
  • 日本国内で販売されたメーカー純正の無線通信(Wi-Fi、Bluetooth)が可能な端末
  • 登録時において破損などなく全機能が正常に動作するもの
  • 登録時において次のいずれかの条件を満たすもの

しかも購入後1年以内ならいつでも加入できます。

仮に1年以上経過していても、アップルケアやキャリアの保証に加入していれば、乗り換えが出来ます。

しゅん

このようにiPhoneやiPadだけでなく、モバイル端末全体で利用できる点が魅力です。

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

その② 1つの契約で合計で③台まで保証してくれるから

またアップルケアは1台ごとに加入が必要ですが、モバイル保険は合計で3台までカバーしてくれます。

しゅん

僕のようにMacBook Pro・iPad mini・iPhoneなど複数台ある人にメリットは大きいです。

先ほど紹介したように、加入できる端末の幅が広いので、iPhoneとApple Watch、AirPodsの組み合わせでもOKです。

しゅん

ただし主端末と副端末で保証内容が変わる点には注意が必要です。

修理可能な場合修理不能な場合
主端末100,000円25,000円
副端末30,000円7,500円

落下の危険性が高い端末を主端末にして、念の為保険に入りたい端末を副端末にすると良いでしょう。

しゅん

破損リスクが高いiPhoneを主端末にして、Apple WatchとAirPodsを副端末にするのも可能ですよ!

このように、1契約で3つの端末までカバーしてくれる点が魅力です。

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

その③ 期間が無いので、事実上の永久保証だから

また保険の期間が設定されていないので、事実上の永久保証という点も魅力です。

しゅん

アップルケアに加入すると、iPhoneなどは延長保証が受けられます。

しかし手続きが必要ですし、端末1つずつ加入しなければならない点が面倒です。

一方で、モバイル保険の場合は登録した端末を使い続ける間は利用可能ですし、乗り換えた後に端末の変更も可能です。

しゅん

アップルケアのように、購入するごとに改めて加入する必要はありません。

つまり、端末購入時の負担も、買い替えた後も使い勝手が良いのがモバイル保険なんです。

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

まとめ

AppleCare+は必要か?入るべきか?を徹底検証しました。

しゅん

結論としてアップルケアに加入する必要はありません。

僕自身もアップルケアを利用したことが無いだけでなく、下記のような理由があります。

アップルケアが不要な理由
  • 保証が必要になる機会が少ないから
  • 保険の支払い金額が高いから

一方で、Apple製品は修理代金が高額です。

しゅん

例えば最新のiPhone 13 miniだと、破損時に下記のような費用が必要です。

修理内容修理金額
画面が割れた時30,800円
その他の修理(水没など)51,480円
バッテリー交換8,140円

自分で全て負担するのはキツイので、保険には加入したほうが良いです。

しゅん

アップルケアよりも使い勝手がよく便利なのがモバイル保険 です。

モバイル保険のメリット
  1. 月額700円で最大10万円まで保証してくれるから
  2. 1つの契約で合計で③台まで保証してくれるから
  3. 期間が無いので、事実上の永久保証だから

月額700円で3つの端末まで保証してくれるので、非常に便利です。

しゅん

さくら少額短期保険株式会社が提供している保険なので、安心感もあります。

アップルケアって必要?入るべき?と悩んでいる人は、モバイル保険 の方がおすすめですよ!

是非参考にしてみてくださいね!

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

目次(タップで移動できます)