【2024年版】中古でおすすめのアップルウォッチはどれ?【選び方や注意点まで徹底解説】

本記事にはPRが含まれます
【2024年版】中古でおすすめのアップルウォッチはどれ?【選び方や注意点まで徹底解説】

この記事は2024年版!中古でおすすめのアップルウォッチはどれなのか?選び方や注意点を解説している記事です。

悩む人

中古のアップルウォッチを買おうと思っているんだけど、どのモデルがいいのかな?選び方や注意点が知りたいな!

という疑問に答えます。

スマートウォッチと言えばアップルウォッチ!と言われるほど人気が高いですが、どれを選べばいいんだろう?って迷っていませんか?

しゅん

実際、中古でアップルウォッチを購入しようとした場合、新品と比べて、モデル選びや購入する時に注意すべきポイントが多いです。

そこでこの記事では、中古のアップルウォッチを購入するときのモデル選びや注意点をまとめて解説していきます。

中古のアップルウォッチの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【2024年版】中古でおすすめのアップルウォッチはどれ?

【2024年版】中古でおすすめのアップルウォッチはどれ?

まず最初に2024年に中古のアップルウォッチを買うならどれがいいのか?紹介していきます。

しゅん

今、中古のアップルウォッチを探しているなら下記のモデルがおすすめです。

スクロールできます
モデルスペックおすすめポイント価格目安
Apple Watch
Series 8
S8 SiPチップ
常時点灯ディスプレイ
血中酸素濃度測定機能
価格と機能のバランスが優れている3万円台後半~
Apple Watch Series 7大型ディスプレイ
常時点灯ディスプレイ
血中酸素濃度測定機能
価格を抑えつつ、主要な機能を備えている2万円台後半~
Apple Watch SE
(第2世代)
SEチップ
Retinaディスプレイ
心拍数センサー
コスパ重視の方におすすめ1万円台後半~

この3つのモデルは比較的新しいモデルで、最新機能を搭載しており、アップルウォッチの機能を十分に満喫することができます。

しゅん

しかも価格と機能のバランスが良く、日常生活で必要とされる基本的な機能を網羅しています。

例えば、Apple Watch Series 8の皮膚温センサーは女性の健康管理に役立ちますし、Apple Watch SEのコスパの良さがいちばんの魅力です。

では具体的にどんな部分が優れているのか?具体的に解説していきます。

Apple Watch Series 8

中古のアップルウォッチの中で、性能が高いモデルが欲しい方はApple Watch Series 8がおすすめです。

しゅん

処理速度が約20%向上したS8チップを搭載していて、高度な健康管理機能を備えている点が特徴です。

  • S8 SiPチップ搭載
  • 常時点灯ディスプレイ
  • 血中酸素濃度測定機能
  • 国際緊急SOS
  • 価格と機能のバランスが優れている

新機能として搭載された温度センサーは睡眠中の体温変化を追跡し、健康状態のより把握できるようになりました。

また、心電図アプリと血中酸素アプリを利用して日常的な心血管の状況をチェックすることが可能です。

しゅん

他にもクラッシュ検出機能が装備されていて、自動車事故が検出されると緊急SOSを利用できるほか、バッテリー寿命は通常使用で最大18時間と非常に長持ちです。

高性能なアップルウォッチが欲しいけど、コスパも重視する人におすすめのモデルです。

Apple Watch Series 7

次に性能も重視したいけど、コスパも重視したい人におすすめなのが、Apple Watch Series 7です。

しゅん

旧モデルと比較して画面サイズが前モデルよりも大きくなり、より多くの情報を一目で確認できるようになりました。

  • 大型ディスプレイ
  • 常時点灯ディスプレイ
  • 血中酸素濃度測定機能
  • 価格を抑えつつ、主要な機能を備えている

健康機能としては、血中酸素濃度測定機能は搭載されていませんが、心電図アプリ、血中酸素モニタリング機能は利用することが可能です。

一方で、Apple Watch series8と同じで、常時点灯ディスプレイを搭載していて、アルミニウムケースは軽量で日常使いに適しています。

しゅん

他のも最大18時間利用可能なバッテリーを搭載していて、高速充電に対応しているので、素早く充電することが可能になっています。

Apple Watch Series 8と比べて機能は少し控えめですが、よりコスパを重視する人におすすめです。

Apple Watch SE(第2世代)

コスパを一番重視する人におすすめなのが、Apple Watch SE(第2世代)です。

しゅん

Apple Watch SE(第2世代)は、Apple Watchの中で最もコストパフォーマンスに優れるモデルです。

  • 心拍数測定
  • アクティビティトラッキング
  • 気圧計
  • コンパス
  • コスパが優れている

必要な機能をコンパクトにまとめており、フィットネス追跡、心拍数モニタリング、そして緊急SOS機能を含む日々の健康管理が可能です。

またRetinaディスプレイは明るく鮮明で、最大18時間使用可能なバッテリーを搭載しています。

しゅん

今回紹介した3つの機種の中で、唯一公式サイトで新品も購入できるモデルです。

必要最低限の機能を備えながら、価格を抑えたモデルなので、とにかくコスパ重視の人におすすめです。

【2024年版】中古でも買ってはいけないアップルウォッチはどれ?

【2024年版】中古でも買ってはいけないアップルウォッチはどれ?

次に中古でも買ってはいけないアップルウォッチはどれなのか?解説していきます。

しゅん

中古でもApple Watch series4、機能を重視する人はApple Watch series6より古いモデルは買わない方が良いでしょう。

古いモデルを買うべきではない理由
  • 最新OSへのアップデート不可
  • 機能制限
  • 処理速度
  • バッテリーの持続時間

順番に解説します。

最新OSへのアップデート不可

Apple Watchは、定期的にOSアップデートが配信されます。

しゅん

OSアップデートには、新機能の追加やバグ修正、セキュリティ強化など様々な改善が含まれています。

2024年のリリースが予想されているwatchOS 11では、Apple Watch Series 4のサポートが終了するとの見通しが出ています。

そのためサポートの終了する可能性が高いApple Watch Series 4より古いモデルの購入は避けた方が良いでしょう。

スクロールできます
モデル発売時期搭載OS特徴
Apple Watch
Series 6
2020年9月watchOS 9血中酸素濃度測定機能搭載
Apple Watch
Series 5
2019年9月watchOS 8常時点灯ディスプレイ搭載
Apple Watch
Series 4
2018年9月watchOS 7ECG機能搭載
Apple Watch SE
(第2世代)
2022年3月watchOS 10必要最低限の機能を備えた廉価版
しゅん

またOSのアップデートだけでなく、大まかにApple Watchは発売から6年程度は使えると言われています。

その点を考えてもApple Watch series4より古いモデルは、セキュリティ面でも脆弱性がある可能性があり、リスクが伴う点は注意が必要です。

機能制限

また機能を重視する人は、Apple Watch series6より古いモデルは避けた方が良いでしょう。

しゅん

Series 6より古いモデルは、血中酸素濃度測定や常時点灯ディスプレイなど、最新モデルに搭載されている機能が利用できません。

機能Series 8Series 7Series 6SE(第2世代)
大型常時点灯
ディスプレイ
××
血中酸素濃度測定×
心電図
皮膚温センサー×××
排卵周期予測××
衝突事故検出
国際緊急SOS
○:搭載/△:一部モデルのみ搭載/×:非搭載
しゅん

これらの機能は、健康管理や日常生活の利便性を向上させる上で非常に役立ちますが、モデルによって搭載している機能が異なります。

自分の利用したい機能が決まっている場合は、注意して選びましょう。

処理速度

またアップルウォッチはモデルによって処理スピードが異なります。

しゅん

下記は、アップルウォッチに搭載されているチップの比較です。

\\アップルウォッチ搭載チップ比較表//

モデルチップ
Apple Watch Series 8S8 SiP
Apple Watch Series 7S7 SiP
Apple Watch Series 6S6 SiP
Apple Watch SE(第2世代)S8 SiP

古いモデルほど、処理速度が遅く、操作がもたつくことがあります。

具体的にはアプリの起動や画面切り替えなどの際に、ストレスを感じる可能性が高くなるでしょう。

しゅん

そのためサクサク動くアップルウォッチが欲しい場合は、新しいモデルを選んだ方が良いでしょう。

バッテリー持続時間

またモデルによってバッテリーの持続時間が異なります。

しゅん

通常使用時はどれも同じ時間使用可能ですが、ワークアウトや低電力モードでの利用だと違いが出てきます。

\\バッテリー持続時間比較表//

モデル通常使用ワークアウト低電力モード
Apple Watch Series 8最大18時間最大14時間最大48時間
Apple Watch Series 7最大18時間最大15時間最大45時間
Apple Watch Series 6最大18時間最大15時間最大45時間
Apple Watch SE(第2世代)最大18時間最大15時間最大45時間
しゅん

あくまでこの数値は目安ですが、中古の場合、バッテリーの消耗度合いによって変わってきます。

そのため公式発表のバッテリーの持続時間より、購入を検討しているアップルウォッチのバッテリー消耗度をしっかりチェックするのが大切です。

中古のアップルウォッチを選ぶメリットとは?

中古アップルウォッチを選ぶメリットとは?

次に中古のアップルウォッチを購入するメリットについて紹介していきます。

しゅん

メリットとしては、下記の3つが大きいです。

中古のアップルウォッチを選ぶメリット
  • 安価に手に入る
  • デザインの完成度が高い
  • 機能面での差が少ない

順番に解説します。

安価で手に入る

中古アップルウォッチを選ぶ最大の魅力は、何と言ってもそのコストパフォーマンスの高さです。

しゅん

新品を購入するとなるとかなりの出費となりますが、中古品であれば1万円以上安く購入できることも少なくありません。

しかもApple公式サイトで新品の販売が終了した旧モデルも安く購入することが可能です。

本体を安く購入できると、バンドや充電器、カバーやケースなど様々なアクセサリーも同時に購入することができるようになります。

しゅん

コスパの良さは中古のアップルウォッチを購入する1番のメリットと言えるでしょう。

古いモデルでもデザインの完成度が高い

Apple Watchのデザインは、シンプルかつ洗練されたものが多く、年代を問わず多くの方に受け入れられています。

しゅん

しかも旧モデルでもデザインが大幅に変わっておらず、旧モデルでも見た目が変わらない点はメリットです。

またサイズの同じアップルウォッチであれば、バンド等を流用して使えるなどの利点もあります。

機能面では最新モデルの方がより最先端の機能を搭載していますが、ファッションアイテムとしても十分満足できるでしょう。

しゅん

このように旧モデルでもデザイン性が劣らない点はメリットです。

新品に比べて機能の遜色が少ない

次に中古のアップルウォッチを購入するメリットとしては、完成度の高さです。

しゅん

Apple Watchの新モデルが登場しても、使用される基本的な機能に大きな変更はありません。

例えばメッセージの受送信、健康管理など日常で頻繁に使用する機能は、型落ちモデルでも十分に利用可能です。

アップルウォッチは完成度が高いため、新しいモデルにしかない特定の機能が必要でなければ、中古モデルでもほとんど差を感じることなく使用できるでしょう。

しゅん

このようにアップルウォッチは旧モデルでも性能面で大きな違いがない点はメリットと言えます。

中古のアップルウォッチを購入する前に確認すべきポイント

中古のアップルウォッチを購入する前に確認すべきポイント

中古アップルウォッチを購入する前に、以下の点を確認しておきましょう。

しゅん

これらのチェックを行うことで、満足度の高いモデルの選択が可能となり、長期にわたって利用できるでしょう。

購入前に注意すべきポイント
  • OSのサポート状況
  • 画面の状態やバッテリーの劣化具合
  • 動作の安定性、アクティベーションロックの確認
  • 付属品

順番に解説します。

OSのサポート状況

購入するモデルが、最新のwatchOSをサポートしましょう。

しゅん

古いモデルだと、最新の機能を利用できない可能性があります。

先ほど紹介したようにアップルウォッチは発売から6年程度は利用することが可能ですが、その大きな要因はOSのサポート状況です。

スクロールできます
モデル発売時期搭載OS特徴
Apple Watch
Series 6
2020年9月watchOS 9血中酸素濃度測定機能搭載
Apple Watch
Series 5
2019年9月watchOS 8常時点灯ディスプレイ搭載
Apple Watch
Series 4
2018年9月watchOS 7ECG機能搭載
Apple Watch SE
(第2世代)
2022年3月watchOS 10必要最低限の機能を備えた廉価版

中古の場合は、新品と比較して本体の利用状況によって状態が大きく変わりますが、OSのサポートはすべてのモデルで同じです。

しゅん

そのため現在利用可能な最新OSがインストールできるかどうかをチェックしましょう。

このポイントを確認することで、長くアップルウォッチを使うことができるでしょう。

画面の状態やバッテリーの劣化具合

画面に傷や欠けがないか、バッテリーの劣化具合はどの程度かを確認しましょう。

しゅん

目立った傷や著しいバッテリー劣化がある場合は、避けたほうが無難です。

ネットで購入する場合でも、中古のアップルウォッチを販売しているサイトでは、バッテリーの状態を明記している場合が多いです。

その部分を確認することで、バッテリーの劣化具合を確認することが可能です。

しゅん

また中古ウォッチの画面にはスクラッチやひび割れがないか、明るさや色の均一性に問題はないか?もしっかり確認しましょう。

使用感に大きく関わるため分からない場合は、問い合わせるなどしっかり確認することが大切です。

動作の安定性、アクティベーションロックの確認

正常に動作するか、アクティベーションロックが解除されていることを確認しましょう。

しゅん

動作に問題がある場合や不安を感じる場合は、購入を控えたほうが無難です。

またセルラーモデルの場合は、アクティベーションロックが解除されているかどうかも確認が必要です。

このロックがかかっていると、新たなアカウントでデバイスを使用開始できません。

しゅん

これらの点をしっかり確認することで、安心して利用することが可能になります。

付属品

充電ケーブルやバンドなどの付属品が付属しているかどうか確認しましょう。

しゅん

中古のアップルウォッチを販売するサイトでは、本体のみが販売されていることが多いです。

一方で、Apple公式の整備済製品の場合は、充電ケーブルなどが付属した状態で販売されています。

アップルウォッチの場合はiPhoneなどで利用しているケーブルをそのまま利用して充電することができません。

しゅん

初めてアップルウォッチを購入する場合など、付属品の有無は重要なポイントなので、しっかり確認しましょう。

中古のアップルウォッチを買うならどこがいい?

中古のアップルウォッチを買うならどこがいい?

最後に中古のアップルウォッチを買うならどこがいいのか?紹介していきます。

しゅん

中古のアップルウォッチを買うなら、下記の3つのサイトがおすすめです。

中古アップルウォッチのおすすめサイト
  1. ゲオオンラインストア⇒大手中古販売店の安心感が高く、品質にも定評がある。
  2. リコレ⇒ソフマップ系の中古専門サイト。他社よりも価格が安い印象がある優良サイト
  3. イオシス ⇒老舗のサイト。品質も良くHPも見やすくて、中古を買うならイチオシのサイト

大手の中古ショップなので、品質も安定していて選びやすく、価格も安いことが多いです。

しゅん

もちろん他にも中古サイトは多いですが、上記のサイトから探すのが一番安心感があるでしょう。

順番に解説します。

ゲオオンラインストア【大手中古販売店の安心感が高く、品質にも定評がある】

まず最初に紹介するのがゲオオンラインストアです。

しゅん

大手の中古販売店で、年に数回開催されるゲオスーパーセールでは、中古のアップルウォッチもさらにおトクに買える点が特徴です。

販売している商品は、ネット専用の在庫と実店舗で販売している端末の2種類があります。

そのため実店舗で販売されているアップルウォッチは、タイミングによっては在庫切れになってしまう所が残念なポイントと言えます。

しゅん

しっかりとチェックされているので品質には定評がありますし、5つの商品ランクに分けられていて、非常に分かりやすいです。

\\商品ランクの一覧//

スクロールできます
商品状態状態
新品未開封品で、通電や動作確認していない商品
状態S(未使用品)開封済みの未使用品で、通電と動作確認済み
状態A(非常に良い)使用感の少ない美品で、動作や機能に問題がない
状態B(良い)使用するには問題がないが、キズや汚れが見られる
状態C(可)動作に問題はないが、全体的にキズや汚れが多い
しゅん

状態がA以上の商品を選ぶと、キズ等もほぼ無く安心して使えるでしょう。

大手の中古販売サイトですし、一度チェックしてみるのがおすすめです。

\ ゲオスーパーセールでさらにおトク /

ー現在販売中のiPhone/iPadはこちらー

リコレ【HPも見やすくて中古を買うならイチオシのサイト】

リコレ!ソフマップの中古通販サイト

また、ソフマップ系の中古専門サイトのリコレも人気です。

しゅん

HP等が非常に見やすくて、商品状態も写真付きで表示しているので使い勝手が良いんですよね。

中古のアップルウォッチを初めて買う時って結構不安だと思うので、分かりやすいHPで安心感があるのは大きな魅力だと思います。

また他社よりも細かい商品ランクも特徴的です。

\\商品ランクの一覧//

スクロールできます
商品状態状態
ランクS(未使用品)使用されていない未使用品
ランクA(美品)細かなキズや汚れがあるが、状態の良い商品
ランクB(良品)キズや汚れなどはあるが、状態の良い商品
ランクC(並品)動作・機能には問題の無い商品
ランクD(難あり)使用は可能な商品
ランクE(ジャンク)起動や作動をしない、または作動確認のできない商品
しゅん

リコレもランクA以上を選ぶと状態の良いアップルウォッチが購入できます。

返品保証などもしっかりしていますし、安心して中古のアップルウォッチを買いたい人におすすめです。

\ iPhone買うならイチオシ /

ソフマップの中古専門サイト「リコレ!」

イオシス【品質も良く他社よりも価格が安い印象がある優良サイト】

最後に紹介するイオシス は、老舗の中古販売サイトです。

しゅん

他社の中古販売サイトよりも価格が安い印象があり、コスパの良いアップルウォッチを探している人におすすめです。

もちろん全てのアップルウォッチは動作確認済みなので、品質は心配しなくても良いでしょう。

またショップのサイトも非常に見やすくて、商品状態や在庫数なども見やすい点も魅力です。

しゅん

Amazonのアカウントで購入できる点も手軽ですし、商品ランクも分かりやすいです。

\\商品ランクの一覧//

スクロールできます
商品状態状態
新品未開封品で、通電や動作確認していない商品
未使用品使用されていない開封済みの商品(動作確認のため通電済み)
中古Aランク使用感の少ない美品で、動作や機能に問題がない
中古Bランク使用するには問題がないが、キズや汚れが見られる
中古Cランク動作に問題はないが、全体的にキズや汚れが多い
しゅん

イオシスも状態A以上を選ぶと、きれいな状態のアップルウォッチが使えるでしょう。

価格重視で中古のアップルウォッチを探している人におすすめで、個人的に一番オススメです。

まとめ

中古アップルウォッチは、賢く選ぶことで、新品よりも安価にアップルウォッチを利用することが可能です。

しゅん

今、中古のアップルウォッチを探しているなら下記のモデルがおすすめです。

中古でおすすめのアップルウォッチ
しゅん

一方で、Apple Watch series4もしくは、Apple Watch series6以下のモデルは機能やOSのサポート状況でオススメできません。

中古アップルウォッチの購入は、新品に比べてコストを抑えることができる一方で、品質や保証の面で注意が必要です。

そのため下記のポイントを理解した上で、中古のアップルウォッチを選びましょう。

  • モデルごとのスペックと機能を比較して、自分にとって必要な機能を持つモデルを選ぼう。
  • 購入後のトラブルを避けるために、保証やアフターサービスの詳細を確認しよう
  • 中古品特有のリスク(例えば、バッテリーの消耗具合やアクティベーションロックがかかっていないかなど)を理解しよう。
  • 最終的な購入決定前に、可能であれば実物を確認しよう。

中古アップルウォッチは、新品よりも安価に、アップルウォッチを利用できる素晴らしい選択肢です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次(タップで移動できます)